--年--月--日--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2011年09月21日Wed

人生ここにあり。


お久しぶりの日記。

忙しかった訳ではないのですが。
文字にするとどうしてもネガティブ発言ばっかりが出てきてしまいそうで
何となく日記から遠のいてました。


8月の終わり頃、「人生ここにあり!」ってイタリア映画を観ました。
各方面から絶賛されてた映画で、「笑って 泣ける イタリア映画」ってウキウキする気持ちで
映画館へ。
でも、見終わった後、感動の涙というより、久々に将来の事を考え、不安で涙が出てきました。

もちろん、映画自体は素晴らしかったと思う。

『精神病院を全面閉鎖し、精神病患者は地域で暮らす』という法律が制定され、
地域へ放りだされた患者たち。
作業所のようなところで簡単な作業をこなし、わずかな賃金をもらってひっそり生きる
患者たち。
でも、安定した施しのような仕事より、自分たちで仕事を勝ち取ろう!と
数々の困難を乗り越え、精神障害のある人が社会の一員として生きていく。


映画を見終えた方の感想も「生きる力をもらった!」「障がいがあってもなくても
みんな頑張れば楽しく生きていけるんだと思った」といったレビューが多い。


でも、やっぱし私はどちらかというと当事者目線で見てしまったからか、
「影」の部分にどうしても目が行ってしまって。


劇中、「自分たちの力でこんなにやれるんだ!」と自信を持った若い患者が
実家を出て仲間と共同生活を始め、仕事先の女性に恋をし、母親は猛反対。
でも本人は「もう自分の力で生きていけるんだから放っておいて!」と聞かない。
で、ちょっとしたとトラブルから警察沙汰になってしまい、相手の女の子が
「あの人たちは、可哀そうな人たちなんです。だから逮捕しないで下さい。」
そのセリフを聞いた若者は、やっと『普通』になれたと思ってたのに、『対等』に
恋が出来てると思ってたのに、その一言ですべてが崩れたのか、翌日自殺してしまう・・・。


もちろん、実話ベースのお話だけど、ここはフィクションだと思う。
思うんだけど、どうしてもあまりにもリアルで(そこがこの映画のいいところなんだろうけど)
胸をえぐられるような気持ちになりました。


最近、私は自分でも疑問に感じる位、あんじに厳しかった。
もちろん、

「自立した人生を送って欲しいから」

これをずっと考えてる事には変わりない。
でも、それ以上の事を求めてしまってたような気もする。
何でも人の倍、時間がかかる。
それなら人の倍やれば「普通」に近づけるんじゃないか、って。


『普通がそんなにエライのか?ダウン症は個性じゃないか』

っていう言葉もよく耳にする。
でも、私はやっぱし少しでも周りの友達とコミュニケーションとりやすいように
お喋りも上手になって欲しいし、一緒に鬼ごっこが出来るように体力もつけて欲しいし、
ルールのある遊びに参加できるように理解力もつけて欲しい。
その上で、彼ら特有の人懐っこさだったり、音感の良さだったり、そういう部分が
個性になってくるんじゃないかな、と思ってる。


でも、何かその線引きというか、どこまでやればいいのかみたいなのが
分からなくなってきて、とにかくあんじには気づけば厳しくなってる自分がいる。
それを疑問に感じつつ、でも「あんじの為」と思いつつ、
でもどれだけ頑張っても、どこまで行っても『障がい者』という言葉はつきまとう。
とか思うと、せつなくなってくる。


もう、映画を見終わった後、1人では頭がパンクしそうで友達に電話。
ランチに行った。
その気持ちを話すと涙が止まらなくなりそうだったので、普段のような育児話。

その中で、友達がふと

「かおりちんはあるイミ、義務感で子供育ててるよね」

って言ったの。
すんごい衝撃でした。
もちろん、彼女はいつもの冗談で言ったんだけど。

義務感というか責務感。
使命感?
何か最近はそっちのが強くなってきてたのかな、っと。
何様よ、私(笑


楽しんでナンボを人生のモットーにしてるくせに、
あんじが点頭てんかんなって「将来は寝たきりになるかも」って言われた時から
将来の事より、今を楽しむ事を1番に考えてきたはずなのに、
どうも最近は遠い未来の方へ気持ちが向かってたらしい。



そうは言っても簡単には気持ちの整理はつかなくて、
長い事自分の気持ちを書けずにおりました。
でもそうこうしてる間にも日々は過ぎていき、
新たな出逢いや、楽しい出来事もたくさんありました。
何でも3日で忘れる私の頭も、今回は2週間ほどかかったけど、
色々と消化されていきました。

『答えはこれだ!』ってのは相変わらず見つかりません。
気持ちに余裕がなかったりすると、必要以上に叱ってしまう事も多々あり。
でも、やっぱしベースは


「今を楽しむ。」



自分自身もそうありたいし、子供たちもそうあって欲しい。
それをなるべく邪魔しないようなサポートが出来ればいいな。
・・・短気な私には大変難しい課題ですが(笑)、長い人生の修行の旅、
楽しみたいです。

スポンサーサイト

2011.09.21 | コメント(4) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2011年08月12日Fri

ハグ君、初めての映画館。

こないだの火曜日、ハグさん3歳半検診だったので
ちょうどカーズ観に行こうと思ってたし、
朝から保育所お休みして、1日1人っ子ディを実施しました。

朝、あんじとエコちゃんを保育所に送って
2人でパークスへ。
今日はもちろん「カーズT」です(ちょっとピチピチだけど彼は気にしない)

P1060443 (320x240)


映画の前にパークスでハグの靴とオオツのカバン買って、
GARB weeksでランチ

P1060438 (320x240)

最近、ピザ焼き体験とかランチとか、バイト以外で
来ることが多い。
でもこの「マルシェランチ」は一回食べてみたいな~とずっと思ってたので
念願かなって満足☆
窯焼きフォカッチャは想像通り、美味でした。

ハグはハンバーグランチ大人1人前完食。
すごい。


さて、いよいよお楽しみの「カーズ2」を観に映画館へ!
行ったのですが・・・




結果から言うと、カーズは


大人向き


です。完全に。

まず、ストーリー。
地球温暖化が進む地球でガソリンに代わる代替燃料として開発された
「アリノール」の有効性を伝えるイベントとしてワールドグランプリが開かれる。
そんな中で次々起こる不自然なクラッシュアクシデント。
それを調査しにきたイギリスのスパイに巻き込まれ・・・みたいな。

テレビか何かで「007を彷彿とさせる」みたいな事言ってたけど
ほんとに、大人の私が入り込んで観てしまう感じ。
車詳しい人だと、もっともっと楽しいんだろな~ってくらい
マニアックな車種やら部品の名前がわんさか。


・・・当の本人、ハグ君は
スタートしてすぐに「ライトニングマックイーンや!!!」って
テンション上がったものの、10分もすると早速展開についていけず

まだ序盤から「いつ終わるん?」「まだ終わらんの??」を
連発してました。
でも母は魅入ってしまってるので相手にせず。
そしたら諦めたのか、一応最後まで半分寝ながら観てはりました。
9割くらい瞼閉じてたくせに、終わった瞬間

「むっちゃ面白かったな!!!」

と元気に語ってたのがかわいかった(笑


『次はカンフーパンダ観にいこな!!!」との事。
どーせ寝るんやったら字幕にしようかな。私は字幕で見たい。




ほんで帰り際、「母ちゃんがお寿司運んでるところ食べに行きたい」というので
回転寿司へ(実家の配達手伝ってるのね)
さすがに昼あんだけ食べたし、食べれんやろ~と思ったら
ガッツリ7皿14貫
しかも頼むネタが


まぐろ、いくら、はまち、アナゴ・・・て。
オッサンか(笑)


お店のオバちゃんもびっくりの食べっぷりでした。



朝から晩まで母ちゃん独り占めで
さぞかし満足だろうな~と、帰り道、ハグ君に


「今日は楽しかった??」って聞くと


「うん。
 でもあんじとエコちゃんおらんかったからちょっと寂しかったわ
 次は皆んなでカーズ行こな!」



だそう。
本心か照れ隠しかは分からんけど、
いつまでもそう思って欲しいもんです





2011.08.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2011年06月07日Tue

ふと思い立って映画レビュー。


ここ最近、ほとんど映画に行く時間がなかったのですが
久しぶりに1人映画に行きました。
やっぱしええな~映画館。

家でも見ようといっぱい録画してるんだけど、家だと
どうしても観れないんだなぁ。

多分、映画館自体が好きなんだな。
でっかい劇場からミニシアターまで、どこに行っても
いっつもワクワクします。


そんで久々のレビュー。


八日目の蝉

5歳まで誘拐犯に育てられた子供のその後の人生がどうなるのか。
ざっくり言うとこんなキャッチだった気がするんだけど、
この誘拐犯ってのが永作博美さんで、誘拐された子供が井上真央ちゃん。

この映画は、すんごく考えさせられました。
たとえ誰であっても、愛情を持って育ててくれれば
子供はそれを素直に感じることが出来るんだな、って。
ちょっと最近身近でそれを感じてる事があったので、
その事と重なってすんごく泣いてしまいました。

親がいない=不幸って訳じゃない。
ただ両親がいる、って事が幸せなんでもない。

「愛情」をいつも感じていられる子供は
例え誰に育てられてもスクスク生きていけるんじゃないかな、と
何だか珍しく色々考えました。
イイ映画でした。

ただ、一ついちゃもんをつけるとしたら
井上 真央ちゃんの演技がやっぱし何かビミョー。
どうしてキッズウォーざけんなよ、のイメージが残って
しまってるのは私だけ?
あんましダークな役が似合わなくてちょっと見づらかった。
永作さんの演技はやっぱし最高に好きです。

ブラックスワン

ナタリーポートマン主演のバレエ映画。
多分アカデミー獲ったんだっけな?
バレエの「白鳥の湖」がベースになってます。
ナタリーがいかに「黒鳥(ダークな部分)」を表現できるか。
映画とナタリーポートマン自身が一体化してるような映画。

観終わった感想を一言でいうと

「パーフェクト」

な映画。
R15なんで結構(いや、かなり)きわどいシーンも多いけど
優等生イメージのナタリーが、井上真央ちゃん同様体当たり演技してます。
こっちは真央ちゃんと違って、完璧に演じきってる感じがしました。
もうマチルダとは言わせない、ってのが画面から伝わってくる位、
強烈な印象を残しました。

しかし本当に美しい。
でも彼女を食ってしまう位、ライバル役の女の子がめちゃくちゃカワイイ。
でも下手なホラー映画より怖かったです。


プリンセス・トヨトミ

たまたま公開翌日に見に行ったんですが、台風来てる日曜やったし、
高島屋の前は一通りもほとんどないし、朝イチの回やし、
「さすがにガラガラやろ~」って思ったら。
エレベーター下りたら長蛇の列。
もう私がチケット買う時には、残り数席になってました。
いや~ 危なかった。


何故か、チェックのシャツにメガネの男子が多かったです。
歴史モノとか遺跡が好きそうな匂いがプンプン。
(でも歴史モンじゃないんだけどね(笑))


観終わった感想。


かーーーなり面白かった!
実はあんまし期待してなかったんっすよ。
鴨川ホルモーとか全く観る気も起らなかったし、
不思議な作風の作家さんなんで、
私には万城目ワールドを理解するのは無理だろうな~なんて
思いつつ、でも堤真一なんでミーハー気分で観に行ってみたんすよ。

そしたら。
万城目ワールドってなによ?
めっちゃわかりやすいやん!
そして大した内容ないと思ってたのに
不覚にも泣かされてしまったやん。
しかも隣の男子お1人様も鼻すすって泣いてるやん。

何か、自分の中でかなりハードル下がってたからでしょうか、
思いがけずめっちゃ感動してしまいました。
父と息子の絆、友情、ほんとにわかりやすい爽やかな映画です。

私は単純だから、こういうチャンチャン、って感じのラストが
大好きだけど、もっと気難しく考えたい人にはおもんないかもね。



そんな感じで全く参考にはならんレビューですが
興味ある方は見に行ってみてね~



2011.06.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2011年04月23日Sat

ガリバー旅行記




愛しのジャックブラック最新作。
スクリーン登場するだけで笑いを誘える俳優さんなんて
彼くらいでしょう(笑


もう、ほんと素敵。
ますますジャックニコルソンに似てきたな~
ほんで相変わらず好き勝手やりたい放題やってるな~
ロック(ヘビメタ?)大好きジャックの映画は
いっつもふざけたくらいラブアンドピースな雰囲気が
漂ってます。


題材は、あのガリバー旅行記そのままなんで
親子で観に行っても楽しめると思います。
ガハハと笑って元気になれること間違いなし。



近所の映画館は吹き替えしかなかったので
字幕の3Dとかでもっかい見てみよっかな。

2011.04.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2010年09月07日Tue

『BECK』

観てきました。
私はどうも水嶋ヒロ君の演技が苦手なようで(舞台向けというか、
セリフに気合が入り過ぎてて彼の演技ばっかし気になって中身に集中できない
「BECK」が映画化される、ってニュースを見た時も『わぁーー観たい!!
主演ダレ!?』って期待して、軽くショック受けたような。。。

そして予告見ても、どうしてもやっぱしそれが気になり
観に行く気にはなれなかったんやけど、
たまたまMTVで劇中のライブシーンが流れてて、その曲が
とってもかっこいくて。
その日に観に行ってしまいました(笑


で、感想。



すっごくイイ


若いってイイなー
青春ってイイなー
男子ってイイナ。


ってな感じではるか昔に青春なんて終わってる私でも、すごく楽しめました。
ほんとに2時間半があっちゅうまで、終わってからもしばらく余韻に
浸ってしまう位、気持ちのいい映画でした。
またまたライブ熱がでてきてしまったよ☆


そして、我が家では最近「スクールオブロック」熱も再燃してます。
この映画、私の中ではベスト3に入る位好きな映画。
っていうか、ジャックブラックのは全部面白い!
内容としては「天使にラブソングを」に近いねんけど、
音楽がめっちゃかっこいくて。
このサントラをいつも車で聞いてて、アンハグもかなりのお気に入り。
で、最近ケーブルで放映があったので録画して観てます。


最初は「しまじろうつけて!!」と怒ってたあんじも
「タモタモつけて」とかリクエストしてきたりします。

あ、「タモタモ」とはドアーズの「タッチミー」の、出だしの
「come on,come on,come on,come on,now touch me baby~」の
「カモン」の事です。
・・・分かりにくいわ(笑


こないだ晩ご飯作ってる間、映画つけてたら。
エンディングの子供たちがバンドで演奏するシーンでふとアンハグを見ると・・・

P1020968+.jpg

それぞれがドラム、ギター(実際はウクレレ)セッティング中

P1020967+.jpg

ギターをかきならし(ハグはいつも「バイオリン」と言ってる(笑))、
リズミカルに太鼓を叩く姿を見て
「若いっていいな~。これから何でも出来るな~」と羨ましく思ってしまいました




おっきくなったらバンドマンになって、母をライブに呼んでおくれ

2010.09.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2010年08月19日Thu

書きたい事溜まってるけどインセプション面白かった。

お盆休みのレジャー日記を書きたいところですが
日曜に観たインセプションが意外に面白かったので
先に映画レビューを。


ディカプリオ主演の「インセプション」。
自称、ディカプリオ嫌いの私ですが、不覚にも面白かった。
しかもかなり。
場面の切り替わりがすんごい早くて、途中ついていけなくなりそうになり、
頭をフル回転させてついてこうとするけど、やっぱし頭はこんがらがる~。
でも混乱しながらニヤついてしまうっていう(笑
「メメント」観た時のあの何とも気持ちいい頭の混乱を思い出した。

さすがクリストファーノーランです


でも、私すんごいおっきい勘違いしてて。
12年前に観た「ダークシティ」って作品があるんですけど
これが衝撃的に面白くて。
マイナーな映画館でたまたま観て、そんな有名俳優さんが出てる訳じゃなかったのに
強烈に頭に残ってる作品。
すごい非現実的な内容なのに矛盾がなくて、こまかーい所まで練られた脚本。

これ観てから「実はもしかしたら自分はクローンかも」って本気で思った。(っていうか
今でも思ってますけどね(笑))
で、最近になって、その監督が「メメント」のクリストファーノーランやった、ってのを
あちこちで聞くので「やっぱこの人すごい!」ってノーラン監督が大好きになったんやけど、
さっき日記書く前にちゃんと調べとこうとネットで検索したら。


「ダークシティ」はオーストラリアの監督さんで(←名前忘れた)
クリストファーノーランのは「ダークナイト」ってバットマンの続編でした(笑


でもそうしたらこのインセプション。
ダークシティにかなり似てる気がします。
同じ監督やと思ってたから、もろ「ダークシティ+マトリックス」って思ったけど
ちょっと作風が似すぎてないかい?とも思ったりして。


まぁこんだけの映画が世に出てたらシチュエーションが似てしまうことも
あるんかな。
と、寛大な気持ちになる位面白かったので、見てない方、よかったらどうぞ。
ディカプリオもとっても良かったです。


ちなみにちなみに。
今回この映画を観て、自分の「ディカプリオ嫌い」を改めて考えてみた。
結果、嫌いというより逆に好きやったから「タイタニック」に出てしまったのを
残念に思ったらしい。自分。
だって「ボーイズライフ」「ギルバートグレイブ」「バスケットボールダイアリーズ」
「太陽と月に背いて」とこの辺のディカプリオ作品は好きやし(ギルバートグレイプなんて
名作中の名作。)「ディパーテッド」も「ブラックダイアモンド」も好きだし。


そんな訳でこれからは「ディカプリオは顔が真ん中に寄ってるからキライ」って言うのは
やめようと思います。







2010.08.19 | コメント(2) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2010年07月03日Sat

sex and the city 2


satc.jpg


ようやく見てきました。
やっぱすげーぜ、SATC。
サマンサのキャラがもうおかしな事になってます(笑
映画館であんなに笑ったの、久しぶりかも。


いつもの4人組(映画みたいなセレブ4人組にはほど遠いけど、
昔からいつも行動を共にしてきた地元の友達。)で観に行きたかったけど
Mちゃんは韓国住まいだし、Aさんは看護学校で忙しい。
なのでネイリストAちゃんと2人で行ってきたよ



1より2の方が、少し身近に感じれる内容でした。
相変わらず高級ブランドのオンパレードやったけど(笑
仕事や生活はすんごいキラキラしてる人たちだけど、考える事や悩む事って
意外とみんな同じなんだな~って思ったり。


とにかく楽しい映画だし、4人が着てるものは目の保養にはなるので(絶対買えない。)
女子のみなさん観てみてね~。


そしてSATC観ながら、絶対誰もがやる事。


「自分は誰に当てはまるか」


これ考えるのがほんと楽しい(笑



まずシャーロット。これは間違いなく韓国にいるMちゃん。

天然で思い込みが強くて、すんごい真っ直ぐ。
地雷踏んでる事にも気づかない。でも憎めない。
夢見る夢子ちゃん。でも誰からも愛される。



サマンサ。これは看護学生Aちゃん(←怒らんといてや(笑))

あんな自由奔放ではないけど、姉御的存在で
みんなの悩みをズバズバ斬る。
頭がイイ。冷たく見えるけど思いやりは人一倍。


ミランダ。これは今回2観てすんごい思った。間違いなく私。

とにかく計画魔。やたらとスケジュールを組みたがるし
少しの無駄も気にくわない。
ガイドブックとニラメッコして現地語を話してるあたり、
去年4人でボルネオに行った時の私と全く同じ(笑


って事で、キャリーはネイリストAちゃん。

最初は、ん~違うかな?って思ったけど
本能のままに生きてるとこ、キャリーだね。
1番『華』があるし
型にはまらないとこもAちゃんの魅力。


こんな事考えてたらムショーに4人でご飯行きたくなりましたよ。
ミポ~ 早く韓国から帰っておいで



さて、皆さんは誰に当てはまるかな?

2010.07.03 | コメント(5) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2008年08月24日Sun

カンフーパンダ。


panda.jpg



すっごい残念!
ジャックブラックの大ファンな私はこの映画をものすっごく
楽しみにしていました。
そして日曜日、チビたちがお昼寝した隙に近所の映画館へダッシュ!!
そしたら。。。




吹き替えでした
山口達也の顔が浮かんでしまってどうも。。。
いや、面白かったんですけどね。
ふつーに。
お客さんの8割が子供で、声を上げて「ガハハ」と笑って鑑賞できたのは
何とも楽しかったんですけど。



・・・やっぱしジャックの声で動くポーを観たかったっす。
もっかいリベンジしてしまいそうだわ(笑

2008.08.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2008年08月23日Sat

ベガスの恋に勝つルール



vegas_01.jpg


キャメロンは文句なしにカワイイWハート


若い頃のキャメロンは全然好きじゃなかったんだけど
最近の彼女は何してもカワユイ。
すんごく美人な訳でもすんごく肌がキレイな訳でもないけど(スタイルはバツグン)
すんごくキュート。



キャメロン


「ホリデー」での演技もかわいかったきらきら
でも今回はもっと素敵です。



相手役のアシュトン・カッチャー(デミムーアのダンナ!)も
初めてかっこいいと思った。
ストーリーは超王道な感じですがテンポよくて
とっても楽しめました。



自然体っていちばんだ。





2008.08.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | たまには映画でも

2008年07月02日Wed

花より男子♪


映画はかなり好きなので、
もし自分がHP作ったら、絶対映画コーナーを作って
観た映画の記録を残そうと思ってた。


わたしは、どっちかというとアクションものやハリウッドの大作より、
静かに展開するのをジーっと見入るのが好き。
法廷ものや推理サスペンス的なものが大好き。
最後に「やられた~」って思わせてくれたら万々歳。
ニヤっとしちゃう。
今でも、ワタシの中では「ユージュアルサスペクツ」を超える映画はないな~と思う。


・・・と、こんな前置きをしておきながら
記念すべき映画コーナー第一作品は。


『花より男子』

です(笑


 



これまたツッコミどころ満載やってんけど、普通にオバチャン的な意見ですが
F4がかわいかった(笑
特に松田翔太クンはほんと、惚れますわ。
展開的には「ありえねーー」ってのも多々あったんやけど、別に原作がマンガやから
何でもOKやし。


高校生の時から読んでるマンガやから、何か青春時代を思い出してみたりして
楽しく鑑賞出来ましたニコニコ。 横向き

2008.07.02 | コメント(1) | トラックバック(0) | たまには映画でも

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

kaori

Author:kaori
家カフェopen。
お店の案内や、日々のお料理のこと、お家のこと、
5人の子供たちのこと。

あと、1番上のお姉ちゃんが
ダウン症なので
たまーにはお勉強的な事も。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。