--年--月--日--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2006年06月16日Fri

ダウン症の告知(予告)。


朝、6時過ぎに産まれたアンジ。
何百人もの赤ちゃんを取り上げてる先生は、産まれた瞬間、アンジが
ダウン症だと思ったそう。
私は初めての子供だったので、そんなのは全然分からなくて、ただ
「生まれたての赤ちゃんはほんまぶっさいくやな~」としか思わなかった(笑
(これはアンジがダウン症だから、とかじゃなくてハグの時も思った汗とか


先生は、いつどんなタイミングで私に言おうかドキドキしてたらしい。
そして昼過ぎ、先生が部屋にやってきて、すごく言いにくそうに
「実はな、アンタの赤ちゃん染色体のな・・・」って言われて、全然そんな知識も
なかったのに、なぜかサラっと「ダウン症ですか?」って言葉が出てきた。
今も不思議。
めっちゃビックリしたし、落ち着いてたわけではなかったんやけど冷静に話は聞いてる自分がいた。
心臓疾患やら何やら調べる為に、すぐ上本町の日赤に連れてく事になり、
私も一緒に行くって言うたけど、アカンと言われて先生と実母のエミちゃんが行ってくれた。


アンジがいなくなったその間、部屋でポツンと1人になって
色んな事をグルグルグルグル考えた。
あの時は正しい知識がなかった分、悪い方へしか考えが行かなかったな。
とりあえず昼からオオツの父ちゃん母ちゃんと妹ちゃんが来てくれるっていうてたんやけど
心配させたくなかったので事情を話し、「お見舞い、明日にしてもらって」とだけ言うた。


そしたら30分もしないうちに、目に涙を浮かべた秋バァ(お姑さん)が走りこんできて、
私の手をガッっと握って 「何も心配せんでも大丈夫」って言うてくれた。
この言葉にすごくすごく救われたのを今でも覚えてるなぁ。


で、いつものワタシは、辛い事があるとすぐに殻に閉じこんで
悲劇のヒロインぶるくせがある。
というか、その時はほんとにご飯とかいらんくなるんやけど。
今回も、食事を運んできてくれた大先生に「いらん」て言うたら。
「泣きな。アンタが食べんで誰がおっぱい出すの。」って言われて。
優しい言葉で慰めてくれるのかと思いきや、こうもキッパリ怒られるとは。
さすが大先生ぎょえー!
でも、「そりゃそうだ。」と妙に納得。
切り替え早すぎるぜ、ワタシ。
結局、日赤から帰ってきたアンジを迎えたとき、私は口いっぱいのご飯を頬張ってた(笑


心臓は元気やった、って事だけ確認して、後の事は後でまた考えよう。
今はおっぱい飲むのがヘタクソなアンジの為に、ワタシがどんどん乳を生成しよう。
と、入院中はその事に没頭した絵文字名を入力してください


スポンサーサイト

2006.06.16 |   *ダウン症告知(予告)

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

kaori

Author:kaori
家カフェopen。
お店の案内や、日々のお料理のこと、お家のこと、
5人の子供たちのこと。

あと、1番上のお姉ちゃんが
ダウン症なので
たまーにはお勉強的な事も。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。