--年--月--日--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2015年01月02日Fri

新年のご挨拶と、写真展の事☆




新年、あけまして、おめでとうございます

昨年は、サクちゃん出産とamatoのオープン、ハグの盲腸にあんじの手術。
と、色んな事がありました。
でも、ほんとーーーにたくさんの人に支えてもらって、
大塚家は無事に楽しく1年を終える事ができました。
ありがとうございました☆


今年の抱負は!
・・・と、語りたいところなんですが
相変わらず毎日バタバタ過ぎて行くんでしょうね~(笑

今年は時間の使い方をもうちょっと上手になりたいですねぇ。
それが抱負かな。
あとは、去年の目標と同じく、もう少し丁寧な暮らしを心がけたいと思います^^

amatoの方は、少しづつイベントもやっていけたらいいなーと思ってますので
またちゃんと決まったら告知していきますね☆

ほいで、イベント第一弾は、bochi-bochiの写真展を1月末にやります

あんじが産まれた時に始めたボチボチの活動も8年目。
初期から続いている写真展も回を重ねる事、6回目。
去年は日々の生活こなすのが必死で、ほとんどお手伝い出来なかったけど
今年からはamatoを遊び場として使ってもらえたらなーって思ってます^^

bochi写真

さて、あんじさんはどーこだ♪
1年前の写真なので何かちょっとおぼこいです(笑

ボチボチの合言葉『バリアフリーは知る事から!』。
1月24日~31日まで展示する予定なので
お茶しに来て下さいね~


ではでは、
今年も1年よろしくお願いいたします☆


IMG_3604 (286x320)


スポンサーサイト

2015.01.02 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

2014年10月27日Mon

理解する事と、受け入れる事。



入院中、久々に耳にした「ダウンちゃん」って単語。
それもデリカシーのない1人、とかじゃなくて、数人の医師や看護師さんが
普通に使ってはりました。


あんじの母になって8年と少し。
産まれたての頃は「ダウンちゃん」と総称で呼ばれる事がすごく嫌で
『名前で呼びやがれ!!』なんていちいち腹立てたもんだけど、
8年もたつと免疫もついてさすがに「ダウンちゃん」という響きに過剰反応する事は
なくなりました。
(まぁ、教科書だけでしか知らん知識のくせに「ダウンちゃんの場合はね~」なんて説明してくる
新人医者には「あんたよりは知っとるわ!!」ってイラっとするけど(笑))


それに、日常生活の中で「ダウンちゃん」と呼ぶ人は少ないんですよね。
というか医療関係者以外、ほとんど会った事がない。
だって、日々の生活で出逢う人たちにとって、「あんじ」は「あんじ」であり、
「ダウン症のあんじ」と意識する必要も呼ぶ必要もないから。

なので、なおさら今回の入院で、「ダウンちゃん」とひとまとめにして
話される事に、違和感を感じたのであります。
とりわけ、執刀主治医の言葉に大いに疑問を抱きました。

この先生、手術前の説明の時から患者目線のすごくいい先生だなーって
思ってたし、手術自体もちゃんとやってもらえてすごく感謝してるので、
全然悪く言うつもりはないのですが、ICUでまだ麻酔が効いてて寝ているあんじをみて、

「ダウンちゃんはね、今自分に何が起こってるのか理解できないでしょ。
だからこうしてチューブだらけにされて身体も拘束されてると、目が覚めた時に
拷問されてるように感じてパニック起こしちゃうんよ」

というような事をおっしゃいました。
先生にとったら、今までたくさんのダウン症の子供をみてきて、パニックになる子を
みてきたんかも知れない。
だからその姿をみて、驚かないように、という配慮だったのかもしれないけど。

『いやいや、理解してますよ』

と、喉まででかかった言葉をゴクリと飲み込む、ヘタレな私。
100歩譲って、理解出来てないとしても、多分、彼女は現状を受け入れる力は
十分に持っている。多分、兄弟の中で1番じゃないかな。
現に、盲腸で入院してたハグは、自分が盲腸で入院してる事はもちろん分かってるけど
それに伴って受けないといけない処置なんかは、いちいちギャーギャー嫌がった。
頭ではやらなきゃいけないと「理解」してても、出来ないんですよね。
子供だったら当たり前だけど。

でも、あんじは私には想像出来ないような手術を経験して
ICUで目が覚めた時には身体は拘束されてて身動き取れないし、
口にチューブ入ってて声も出せない。
自分の身体のあっちこっちにチューブが垂れ下がってる。
でも、暴れるでもなく、看護師さんの言う事にしっかり頷き、
処置を静かに見つめてたらしい。

口のチューブを抜く時も、心臓のドレーンを抜く時も、おしっこの管を抜く時も
1度も泣いたりパニックになったりはしなかったらしい。
これはあんじが特別なんじゃなくて、手術受けた事ある子のママさんから今までにもよく聞く話だったのです。
「見てるこっちが痛くなるのに、本人は
ジッと堪えてやるねん〜」と。
手術未経験の我が家にとったら「ほんまかいなぁ〜すごいなぁ〜」と思ってたんやけど、やっぱり。です。

先生に「すごいわ、あんじちゃん。全くパニックにもならず賢こかったよ」と言われ

「別に普通ですよ。
他の子と同じように泣く子もいれば泣かない子もいる。ダウンちゃんって一括りにするのはおかしいですよ。」

…なーんて言える訳もない、どこまでも
ヘタレな私(/ _ ; )
後に続くあんじのお仲間の為にも、
言うべきなんやろうけど…すんません、
根性無しで(笑)





もちろん、物事を「理解」する事は、とっても大事な事。
でも、「現状を受け入れる」事は、それと同じくらいか
それ以上に大事な事じゃないかなーって思うのです。



それを持ってるってのは
これから生きてく上でおっきな力になるんだろうなーと思いました。


私もなるべく「あるがままの日常を受け入れて毎日を楽しもう」って思ってるけど
なかなか^^;
それでも、これを心がけるようになってからは、
上手く行かない事があった日も、「まぁ今日はそんな日だったんだわね~」って思えるように
なって、自分を追い込む事が減ったのですよ。


アンジ先輩に倣って
身体で本能で今を受け入れれるようになりたいなーと
思ったのでありました。
(結局ダウンちゃん話から話がそれちゃいました(笑))

2014.10.27 | コメント(6) | トラックバック(0) | つぶやき

2014年06月25日Wed

耳クソ事件。


昨日の晩。
オオツ君バスケだったので
早めにご飯も食べ終わり、お風呂も入って
歯磨きも済ませ、8時頃に
「さぁDVDでも観ながら寝よか~♪」
と、お布団に入った。

「あ、最近、耳掃除してないから全員見てからにしよ~」

と、順番に耳掃除。
エコイソは、耳を障られるのは嫌ではないらしく、
難なく終了。
ハグは、前はものすごい嫌がってたけど、座ったままピンセットで取るようにしたら
いけた。(寝っころがって触られるのが怖かったみたい。)

で、あんじ。
下3人とは比べ物にならん位の耳クソ!!
鼓膜か!ってくらい膜をはってる。しかも外からすぐ取れる
とこに。

でも嫌がる。泣く。
『まぁ、そうやな。怖いんやろうな。ここは切れずに説得。。。』
と、「すぐそこにあるから、一瞬で取れるって。」「このまま放っておいたら
耳聞こえにくいやろ?」「病院行ってやったらもっと痛いんやで」等々・・・
説得する事数十分。

頑なに拒み、問いかけにも応じず、地団太を踏む、睨む。。。

イライライライライライライラ・・・・・・・

段々、耳クソの話から

「何で、何でも最初からでけへんって思い込むねん!
勇気を出さないとこれから何も乗り越えられへんねんで!!」

と怒りの矛先が違う方向へ向いていき、
それでも何も言い返さず「んーーん!!(→駄々っ子のような)」と赤ちゃんのような反論を
繰り返すあんじに

「言いたい事あるなら、ちゃんと言葉で話せ!!
んーーん!!で助けてくれるほど、世の中甘くないねんで!!!」

と、もう沸点間近の私は、今考えると耳クソからはまるで
遠い所の問題に対して、怒っていた。
私はアンジのこの態度を見ると、すぐイジメられる姿を想像してしまう。
こういうリアクションの子はいじめっ子にとってカモなのでは、と思ってしまう。
で、必要以上に「自己防衛できる人間になれ!」と怒ってしまう。


最終的に、わかった、って事で自分から私の前に来たので
その勇気を称えて耳クソ取りは寝てる間にしてやろう。
よう頑張った。
って終わると思ったのに、
耳を触った瞬間に「んーーん!」と腕を払い、グズグズ。。。

私の中でついに「プチン」と切れた。



「エエ加減にしとけよ!!しつこいねん!!!」




文字におこすと、大して怖くなさそうですが、
ほんまに鬼の形相やったらしく、隣にいたイソラ君とエッちゃんが
泣き出した。
「父ちゃん~ 父ちゃん~」と。

それ見て、
ハッと我に返りました。
いつもガミガミ怒りまくってるので
そこまで怖いキレ方やったとは自分でも気づかんかったんやけど
相当やったみたい。

その後、しばらく私から離れてたエッちゃんが
寝る時になって「やっぱりママと寝る~」って隣に来て、
私の顔をジーっと見る。

何か、事の重大さが段々染みてきて(アンジはとっくに1人で寝たてけど

「母ちゃん、そんなに怖かった?」と聞くと、「うん。」

「耳クソくらいで怒りすぎたかなぁ・・・」
「だって、自分の言葉で気持ちをはっきり言うて欲しかったから。。。」
「余りにもしつこいからつい・・・」

なんて4歳相手にブツブツ言い訳してたら




「じゃあ明日の朝起きたらゴメンネって言うたらいいだけやん。」




って言われました


そっか。そうよね。
なんて簡単な事。



でも残念ながら私の頭には、自分のやった事を正当化する言い訳ばっかり
グルグル浮かんできて、そんな単純な発想がなかったのであります。
34歳母、4歳の娘っ子に教えられました。



「自分が悪い事したと思ったらすぐ謝る」



子供達にこれだけは絶対に忘れちゃいかんぞ!なんて大人ぶって
言ってた自分が恥ずかしい



そして今朝。



昨晩、私と1番遠い布団で寝てたあんじが、起きたら隣にいました。
あんじは妹弟たちと違って、夜中に起きて私の横に来るなんて、滅多にないのに。
改めて、ごめんよ、って気持ちが。

それでも素直に謝ることに慣れてない私は、ふてぶてしく
「昨日耳クソ位であんなに怒ってごめんなー」と言うと、いつもの満面の笑みで
「いいよーー!」と答えてくれました。



これから、わたしも子供達に育ててもらいつつ、
一緒に成長していこう。
と、反省した耳クソ事件簿でした。。。

IMG_1799 (240x320)



2014.06.25 | コメント(10) | トラックバック(0) | つぶやき

2014年06月09日Mon

新型出生前診断の検査が始まって1年。

IMG_1437 (320x240)

NHKの「バリバラ」って番組の取材を受けました。
テーマは『出生前診断』。
なかなかデリケートなテーマだったので、緊張しました^^;
っていうても一応この番組バラエティなので、NHKっぽい真面目さは
なくて、とてもとっつきやすい番組です

http://www.nhk.or.jp/baribara/

去年の4月に始まった「新型出生前診断」。
今までのようにお腹に直接針をさして羊水を抜き取って、染色体の
異常を調べるという流産のリスクを伴う「羊水検査」と違って、妊婦さんの血液検査のみで
診断できてしまうというもの。

通常2本の染色体が突然変異で3本になる13番トリソミー、18トリソミー、21トリソミー(ダウン症)。
5番が1本少ない5番モノソミーや、7番が一部欠損しているウィリアムズ症候群。
性染色体の一部が欠損しているターナー症候群。

など、「染色体異常」とひとくくりにしても色んな種類の障害があります。
でも、この検査で分かるのは13,18、21トリソミーのみ。
染色体は1番から順番に大きさな情報が詰まっていて、数が大きくなるにつれて
情報数は減っていくそう。
なので、大きな数字の染色体に異常がある場合は、流産になる場合がほとんどで
生まれてくる染色体異常の胎児の数でいうと、圧倒的に21番トリソミーが多い。
というわけで、この診断に関して報道される時は
ダウン症がクローズアップされる事が多い。→前置き、長っ(笑)



倫理的な問題から、さまざまな議論を呼んだ、この検査の導入。
始まって1年がたちました。



1年間でこの検査を受けた人の数、7775人。
そのうち、異常が見つかった人の数、141人。

そのうち、90%の人が中絶を選んだそうです。


報道って、こういう「数」しか言わないんですよね。
今から結婚して、妊娠して、子供を持とう、って人が
何の知識もなくこれを見て
「へー、みんな障害あると中絶するんだなー」って安易に考えても
オカシクナイ。


それと同じくらい、お医者さんの言葉って大事だと思う。
検査をして、染色体異常の陽性反応が出ると、
当たり前のように「中絶」前提で話をしてくるお医者さんも
少なくない。らしい。


妊婦さん1人に決断を迫るには、短すぎる時間の中で
お医者さん、カウンセラー、報道の持つ言葉はすごく大きいと思うんだなぁ
別に、「天使みたいにカワイイですよ~」なんて言葉は要らないのです。
(個人的意見。ほんとに天使みたいな子もいるのかも知れないけど、
私は産まれてこの方1度もあんじの事を天使だと思った事ないので(笑))

ただ、人間的な物言いで、事実を伝えて欲しいと思うんです。


あんじが産まれて、割とすぐに言われた言葉。
今でも鮮明に覚えてる。

「この子は結婚は無理やな。あと、行けて中学まで。高校は無理や」

その時、私はネットで色々情報を得ていて、
この先生の言葉がいかに時代錯誤なものか分かってたので
「バッカじゃねーの!!??何、その古い知識!!」って
スルーした。

・・・したつもりだったけど、それからも
何年間も、この言葉はアタマの中に浮かぶ事があった。
実は今でもたまーーに落ち込むと出てきたりするのであーる。



でも、逆もありで、
染色体検査を受けたおっきな病院で、生後一ヶ月の時、
先生が最初に私に言ってくれた言葉。


「ダウン症の子は、ゆっくりだけど、他の子と全く同じ成長過程を辿ります。
歩くのも、理解するのも、だいたい倍かかる、って言われてるけど、必ず出来るようになります。
ヒルズ族のように左団扇で暮らすのは難しいかもしれないけど、社会に出て働いている人も
たくさんいる。だから、普通に育ててあげてね。」


この言葉に、どれほど救われたか。
知的障害の事も、社会参加の難しさも情報として分かってはいたけど
こんな風に言ってもらえて、とにかくその時の私は救われたのです。



検査する、しない、産む、産まない。
それは自由。
でも妊婦さんだけに「自己責任」と全てを押し付けるには
余りにも情報が少ないんではないかなーと思います。



我が家は最後にほんのちょろっと出るだけですが
出生前診断の事、考えるキッカケになればいいなーと思うので
よかったら見てくださいな。


再放送なので、時間遅いのですが
明日の深夜(0:25~)です









2014.06.09 | コメント(13) | トラックバック(0) | つぶやき

2014年05月27日Tue

お布団の上から。

ゴロゴロしつつ、更新できるって
すごいっすね。

初めて携帯からUPしてみます^^

わたし、本来すんごくアップダウンの激しい人間なんで、
楽しい時はバカみたいにテンション上がり、落ち込む事があると底なし沼のようにズルズル…(^◇^;)

でも子供が産まれてからは、ちょっと凹む事があっても、だいたい日々の忙しさですぐ忘れちゃうんですよね^^;
それは元来ネガティブ思考の私にとって
すごく助かってました。

でも、1日中、家にいると
色んなことをグルグル考えて、
暇過ぎて忘れれるヒマがない(笑)

人様のブログ見て「あーあたしゃ何してんだ」って落ち込んできたり。

こないだ何気に図書館で借りた、子供とのコミュニケーションの取り方を書いた育児本読んで「そんな事分かってんのよ!」ってイラついたり(笑)

ちなみにこの本。

20140527182420967.jpg



ここに出てくる、ダメな叱り方の例。
ほぼ100%あてはまってました(笑)



何でも先回りして結論出してはダメ。

上手く話せない時に「ちゃんと分かるように言いなさい」って追い打ちはダメ。

早くしなさい、はダメ。

ダメ、って否定はダメ。



私、これを実行したら何も喋れなくなるかも(笑)



ブレない育児。
もっと言えば、ブレない生き方。


模索中。

2014.05.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

2013年05月03日Fri

旅はやっぱし必要不可欠。

まさか3回に渡って書く事になるとは(笑
でも、そんだけ心に残る事が多かったって事で
最終回は、車座会でのデコさん語録、いろいろ。
…メモった訳じゃないので、かなり記憶薄れてるんですが
印象に残ったモノ。



あるお母さんが、

「3歳の子供が市販のお菓子やキャラクターモノに
 興味を持ち始めてんけど、デコさんはそんな時はどうしてましたか?」

という、質問をしはりました。
デコさんのお子さん(5人いてはる)やし、こんな美味しい料理やオヤツ食べてたら
ジャンクな市販のお菓子が食べたい、なんて不満持たんやろーと
思ってました。
でも、ところがどっこい。そうじゃなかったのですよ。


「街へ出たら、ケーキ屋さんのショーウィンドウに張り付いて離れないし、
 友だちの所に遊びに行ったら白ご飯をこれでもか!!って位ガッツクし(普段玄米だから)
 挙句の果てには、道に落ちてるちっちゃな飴玉を拾って食べようとしたのよー」って。

その時に、『そこまで食べたかったんだなぁ・・・』と思って
『それなら、子供が喜ぶようなもっと美味しいおやつを作ろう!!』と
さまざまなおやつレシピを考案しはったらしいです。

で、そのお母さんへのアドバイス。

「あんまり神経質にならなくても、子供は3歳までに食べたものの記憶は
 細胞レベルで覚えてるもんなのよ。
 だから、本人が意思を持ち始めて、ジャンクなものを食べたがる時期がきても
 身体がほんとに「良いモノ」を知ってるので、自然と戻ってくる。
 まぁ、戻ってこない場合もあるかも知れないけど(笑)、その時は、もう
 笑っちゃいましょう

と。
何か、ホッとした~。
あのデコさんでさえ、同じような経験してるんやぁ~と。
手作りのお菓子作って出したら「じゃがりこが良い」とか言うのは
ウチのクソガキだけかと思ってたので(笑)
保育所では2回3回お替わりするのが当たり前なのに、
家のご飯はあんまし食べへん子供らにイラっとする事が日常茶飯事でしたが
もうちょっとゆるい気持ちでやってっていいんだなーと
肩の荷が下りた気がしましたよ。
そいで、もっと見た目にも味も美味しいと思えるように
頑張るぞ!!と気合も入りました。



「マクロビの理論が難しくてなかなか続かない」


という質問には、

「理論なんて、難しい事は後から考えればいい。
段階踏んで進んで行くのも、(マクロビ)スクールの利便性で
作られただけで、自分でやるならもっとシンプルに
丁寧に感謝を持って作り、食べる。ただそれだけ。」

と。
うんうん、そうなんだよなー
何でもそれでお金を儲ける人がいて、
やたらと小難しい説明をつけて
誰でも出来る簡単な事でも、難しそうに見せちゃう。
やってみたら意外と簡単!って事、
実は世の中にいっぱいあるかも、と改めて思った。

また話反れちゃいますが、
保存食作りも、そんな感じで。
本を読むと、本当に難しく説明してあるし、
道具を一から揃えて全部殺菌消毒して…って
めっちゃ大変そうに見えるけど、実際やってみると
「え?これでもう出来上がりっすか?」ってのも
よくあり。
適当に作るから失敗も多いけど^^;
情報に惑わされん力、もっと身につけたいです。






最後に、私も、聞きたかった事を、質問。
デコさん、本の中で、どんなに生活が苦しくても
1年に1回は絶対子供たち全員連れて海外に行く。と
書いてはったので、


「うちも子供が4人で、なかなかビンボーなんですが
 旅行は行きたいんです。どうしたらいいでしょう」と
超個人的質問(笑


ありとあらゆるモノ切り詰めてでも
そのお金は旅行に回したい、という我が家の生活スタイル
食費はもちろん、服にも遊びにもお金をあんまし
かけません。オモチャも買いません。
それにお金をかけるなら、全部、旅行に遣いたい。

オオツも旅好きなので、夫婦的にはそれでOKなんですが
子供ら的にはどうなんかなーそれでほんまにええんかなーと
すこーしだけ(ほんとに少しだけ)思う事もあったんですが、



「子供と一緒に旅行にいける期間なんてほんとに一瞬よ~。
 それを楽しまなくてどうするの!」


と、そんな不安も一蹴^^;
旅の中で経験する事は、人生の軸になってくよ、と
教えてもらいました♪
うん、よし、これからも我が家はこれで行こう 



…もっともっとシェアしたいデコさん語録、いっぱいあったハズなんやけど、
何せ日にちがたってしまってるので
全部浮かんできません~w
また、来月も同じ茅葺のお家でイベントあるみたいなので
その時はちゃんとメモってきます


「自由に丁寧に」

すごく難しいけど、永遠の憧れのテーマ。
これからもゆるーくボチボチやってきまーす♪

2013.05.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2013年05月02日Thu

記憶薄れてきたけど、夢のご対面。


deko.jpg



一週間たってしまったので、夢見心地からは
完璧に現実に引き戻されてしまったけど。
先週の木曜日、私が最も尊敬する料理研究家、中島デコさんの
「茅葺マルシェ」というワークショップに行ってきました。

あの、憧れのデコさんと、茅葺のお家で
持ち寄りのご飯食べて、スイーツ作りして、
みんなで輪になってお話会。
そんな鼻血が出そうなすんばらしいイベントを知れたのも
facebookのお陰で。ほんと、有難いツールだわ~。

もともと、独身の時はマクロビやら玄米菜食なんて
興味のカケラもなかったけど、
あんじが産まれて、とりあえず、「普通に食べてたら、太るんやな」と思い、
色々調べてくうちに、マクロビオティックってスタイルがあるらしい。
身体の中の陰と陽のバランスを取ったらエエらしいんやけど
陰性の食べ物、陽性の食べ物、陰のものも調理方法によったら陽になり、はたまた逆も・・・
とか何たらかんたら。
勉強すればするほど、分からん

どうも理論から入るのは苦手な私にとって
マクロビは、ちと遠い存在になりつつあって、
でも、まさにその時にデコさんの本読んで、もう目からウロコ。
その本には、

「理論なんて、二の次三の次。
 とりあえず、丁寧に、感謝をこめて美味しいモノを作って食べるのだ!」

そう言わんばかりの内容。
それまで読んだマクロビの本は、どっちかというと
「陰性の食物とは・・・とか、身体が陽性になった場合は・・・」ってそればっかりで、
何かレシピ見ても、どうみても美味しそうに見えんくて。
動物性のモノ取らないから、何か色もイマイチ地味やし、
自分が食べたい!と思う料理ではなくて・・・。

ところがデコさんのお料理は、どれもこれもカラフルで
美味しそうなのですよ!
マクロビ、玄米菜食、うんぬん以前に、「作ってみたい!食べてみたい!!」
って思う料理ばっかし。
そして、デコさんの「生きてるだけでいいんじゃない」を読んで、
それまでグルグル色んなマイナスな考え事がブワーっと吹き飛んだ。

そう、まさに「生きてるだけで丸儲け」そんな風に思えたのです。
そう考えだしたら、何も怖いもんなんかない。

瞬間瞬間にムカつく事やら腹立つ事はしょっちゅうやけど、
少し時間置いて、冷静になったら

「まぁ、生きてるだけで丸儲けなんやし♪」

と、怒りも収まるようになりました。(収まらん時もあるけど(笑))
そして、超ネガティブ人間だった私は、ノーテンキな前向き人間へと
変わったのであーる。

そんな訳で、デコさんは(勝手に)私の恩師であり、
メンターでもあります。


いつも本や雑誌で師と仰いでいたデコさんに
直接逢える
緊張しすぎて、前の日は、朝方まで寝れませんでした(小学生か)



…前置きが長くなりすぎたので
お迎えの時間が来てしまった(笑
続きはまた後で~

2013.05.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2013年01月22日Tue

happy birthday ワタシ。


IMG_3813 (239x320)

日曜日、私、誕生日でした~
今年はfcebookやmixiのおかげで、
たくさんの方からおめでとうメールを頂き、嬉しかったです。

自分は、ほんとにこういうマメな事出来ないんで、
いつもメールとか頂いて、嬉しいのと同時に、すごく反省します、
もっと私も気遣いのできる人間になりたいです。

アイルランドおった時の友達(日本人)の元彼(イタリア人)のルームメイトからも
お祝いメッセージいただいて(私の事覚えてるか!?位の間柄ですが(笑))
気の利いた返信をしたかったんですが
色々考え抜いた結果「thanks」しか出てきませんでした
今年は英語、もっと頑張りますデス。

誕生日ランチ、オオツ氏につきあってもらって
神戸に行ってきました。
前から行きたかった世界中の珍しい観葉植物や多肉・食虫植物を売ってる
カフェに行ったんですが。。。


なくなってました。跡形もなく。
電話かけても「そんな店知らん」の一点張りの怪しいオッサンが出ました。
オレオレ詐欺にでもひっかかった気分です。

気を取り直して、大好きなお店「モダナーク」の横にある
モダナークカフェへ。
いっつも神戸行く時は怪獣たち大集合で行くので、カフェなんて
入った事ありません。
神戸、初カフェっす。

入ってビックリ。
ドンピシャに私好みの(というか勉強になる)お店でした。
ヴィーガン(完全菜食主義)まで対応の、本格的なベジカフェで、
フェアトレードもんやらローケーキまでありました。

玄米カレーに追加で大豆バーグトッピング。

IMG_3792 (239x320)

やっぱしスパイスカレーには玄米が合う!
玄米って独特の食感やから、「白米の代わり」ってすると
食べなれてなかったら抵抗あるかもやけど、
カレーやドリアには、絶対玄米が美味しいと思うなぁ。
なぜ分からぬ、子供たちよ



てりやき風ソイミートのトルティーヤ。

IMG_3793 (239x320)

豆乳マヨの辛子がちょっと辛かったけど
満足感あって、よかったす。
付属のミネストローネ、美味しかった~


ピーカンパイとココナッツバナナティラミス。

IMG_3795 (239x320)

久々に食べた「ザ・アメリカン」なピーカンナッツのパイ。
めちゃ甘で美味でした。
ココナッツの方は、ちょっとお腹にどっしり…
ピーカンパイに軍配。


イソラだけだったので、ゆっくり雑貨や巡りも堪能しました。
ありがとう
オオツ君も、作品作りの意欲UPしたようでよかったよかった。
もうすぐ、待ちに待った新作が出来上がるの~(家で使う用のね)
超楽しみ。
また納品されたらUPします☆

トップのケーキ写真ですが、
子供たちとオオツ君が作ってくれました。

IMG_3805 (239x320)

チョコはなかなか扱いにくい。
部屋ン中寒いから、すぐ固くなるしw

IMG_3806 (239x320)

ハグが「母ちゃんの顔!!」って書いてくれたんですが

IMG_3807 (239x320)

その後、余りにもペンが固くなったのでもっかいレンジしたら
溶かせ過ぎて、えっちゃんが扱えキレず、、、

IMG_3811 (320x239)

あーあー
もう何か私の顔の周りに「血のり」いっぱいの凄惨な場面に(笑
しかも、父ちゃんがイチゴ用意しに行ってる間に、チョコを指でびろーんと
なぞって舐め出してるし


でも最終的に、その上にロールケーキが乗って
びろーんと伸びたチョコの線は、とってもアートな感じに
仕上りました。奇跡(笑

IMG_3813 (239x320)


そんなこんなで、
今年は楽しい誕生日を迎えれました。
去年の誕生日は、さいっこうに病んでたもんね~
イライラし過ぎてパンチパーマあてに行ったのが
去年の誕生日。
(まさみさん、あの事件からもう1年ですよ~早いっすね。)

そんな去年に比べて、今年は本当に穏やかに素敵な誕生日を
過ごせました。

オオツ、
じーちゃんばーちゃん。
子供たち、
そいでいつもパワーをくれる色んな友だち。

ありがとう~
あたしゃほんとに幸せだよー



33歳もボチボチ、丁寧に
頑張ります



2013.01.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

2013年01月19日Sat

卒業の定番ソングって何ですか?

みなさーーん。

卒業の定番ソングってなんですか?
ワタシ、あんじさんの卒園式で
保護者から卒園児へ送る歌のピアノ弾くんですが
曲がなかなかきまりませーん

歌いやすくて、出来れば子供も一緒に歌える曲。
最初、映画ドラえもんの主題歌(福山雅治の♪100年1000年先の~♪)が
ええんちゃうか?って思ってんけど(子供らの運動会の時のテーマソングでもあったので)
内容はいいけど、歌の感じが卒園式っぽくないよなぁ・・・って思ったりして。

他に、ゆずの「また会う日まで」も教えてもらって候補入り。

もう一個位候補出して、後は多数決しようかなーと。
困ってます。
お力貸して下され~。
伴奏の難易度は問いません。頑張ります(笑)




もう、そうこう言ってる間に
2月に最後の生活発表会があって、3月に卒園。
早い。
早すぎる~><

先週、卒園アルバムに載せるページを提出するために
あんじの産まれた時からの写真をずっとみてたんですが
何か、あの頃の写真とか見たん久々過ぎて、色々思い出して
泣いてもた~
そして生い立ちページが出来上がって、また泣けてきた(笑

IMG_3768 (239x320)


だって、ほんと、よくここまで大きくなったなぁーと。
いっぱいいっぱい頑張ってきたなぁーと。
・・・アカン、また泣きそう(笑


ワタシ、人前で泣くの、ほんま嫌いで
泣いて許しを乞う人も苦手で、
子供らにも、「泣くなら隣の部屋で1人で泣け」と鬼母発言を
してるんですが(強く生きてって欲しいのです。)
最近、涙腺がどうもゆるくてなりません。
・・・歳のせいでしょうか。


昨日、あんじが「あ」を奇跡的にキレイに書いて、
感動して涙がにじんでしまいました(笑
昔は映画位でしか泣かなかったのに、感動屋さんになったもんだよ


IMG_3789 (239x320)

私が余りにも「やった~!!」って喜んでるのをみて
ハグもかけよってきて、
「すごいやん、あんじ!100点やな♪」
と。書いてくれたのも嬉しかった

やっぱしハグは、『字に興味持ってきたなー』って思ったら
早々に書けるようになってしまったので、
1年以上前からコツコツ練習してきたアンジさんにしたら
姉のプライドが傷ついたのか(ただ単に飽きたのかw)一時ちょっとやる気を
失ってたんですが。
最近はこのプリントがお気に入りで、朝ご飯か晩御飯の前に1枚、
なるべく毎日やるようにしてました。

なかなか他のみんなみたいに、1回でスッと習得するのは難しいけど、
その分、いったん分かると「継続」してやり続けるのが得意なあんじ。
「熱しやすくて冷めやすい性格」代表のワタシからしたら
本当に羨ましい才能。
続ける事の難しさったらないもんねぇ~。

それが分かってるからこそ、今のうちに「イイ習慣」を癖づけてほしいなーと
ついつい口うるさくなってしまうんですよね~
もちろん、ハグエコにも言える事なんですけど、彼らは
言ったその瞬間はすぐ出来るけど、1分後には忘れてる(笑
こっちの2人の方が、根気が要ります


「あ」さえクリアできれば、「ん」「じ」は簡単なので
いけそう♪


ただ、エコもやりたいっつーんで一緒にプリントやってるんですが
めっちゃキレイになぞれるようになってきて
しかも「え」「こ」、どっちも簡単なんですよねぇ。。。。

せっかくねーさんがやる気になってきてるのに
妹にまで先越されたんじゃーやってらんねーってなりそうな予感。
『もうこれ以上姉のプライドを傷つけないでくれ~」』と
心の中で思う母なのでした(笑




2013.01.19 | コメント(4) | トラックバック(0) | つぶやき

2013年01月08日Tue

明けましておめでとうございます。


IMG_3710 (239x320)



新年、だいぶ明けちゃいましたが
あけましておめでとうございます。
昨年は、とってもたくさんの人にお世話になり
ありがとうございました!

昨日からようやく日常が戻って
ホッと一段落な我が家です。
たった一週間のお休みでさえ、血管きれそうな位
毎日怒りまくってたので
小学校行きだして、夏休みの長期休みなんて
想像しただけで怖いです
夏休みだけの山村留学とか、調べとこう(笑



***


さて、今年は
動く年になる予感。

あんじさんは、ついに小学校。
私は4月から(イソが保育所は入れたら)働きに。
目標は来年春オープンなので、今年1年しっかり働いて
何が何でも開店資金貯めなくては。
それと並行して、お店の備品作り(イスやら小物類)も
ボチボチ始めて行かなきゃいけないし、何となく
ソワソワと『動き出した』感があります。

オオツ氏のアイアンも、去年の秋の出店ラッシュを経て、
少しづつ(友達じゃない)お客さんが増えてきて
私自身も「アイアン職人さん」として
意識するようになりました


年末に、同じく起業を目指す仲間や
オオツ氏と同じく鉄工所の2代目さんを頑張る方たちと
忘年会して、そこでオオツと同じように
作品作ってる人がいて、私はやっぱしこういう職人さんの作品が
好きなんだなーと改めて思いました。


作業所で作ってはる雑貨や野菜、
フェアトレードの小物、
そいで職人さんのこだわりの一品。


どれもすんごく素敵なものが多いのに
普段、それを手に取る場所が少なく。
そういうのが好きな人は自分で調べて
お取り寄せしたり、足は混んだりするやろうけど
それを、もっと気軽に知って欲しい。
amatoやろうと思ったキッカケは
そんなとこにもあります。


無農薬で身体にいいもの、オーガニックのもの。
そりゃー大量生産で農薬ビシバシ使ってるものよりは
値段は高い。
でも、探せば、べらぼうに高くはないお店は
結構あるんですよね。


普段払ってるお金に、ほんの少しプラスするだけで
安心して食べられるものがある。
そんなのも紹介してきたいなーと思います。


「何が何でも無農薬!無添加!!オーガニック!!!」


と、鼻息荒くしてるわけではありません(笑
でも、せっかくなら、身体に負担無いモノ食べて
自分の大切な人たちとは、一緒に長生きしたいもん。


そんな訳で、amatoで出すお料理も
地元の商店街でやるには、値段はお高いかも知れません。
でも、何が何でも仕入コスト下げて、安いランチを提供する、ってのは
やっぱし自分のしたい事じゃないので
やりません~。(素人が生意気言ってすいません(笑))



大塚家も自分の実家も自営業で、いくらイイ仕事しても
安く買い叩かれて、苦労してるのを間近で見てるので、
余計、「安いが良し!」と思わないんかも。
フェアトレードにも繋がるところやけど、作り手さんが
生産性・儲け最優先せずに、手間ひまかけて真面目に作ったものには
正当な対価を払うのは普通の事じゃなかろーか、と
思う訳です。


そいで何より、あんじやあんじの仲間が、大人になっても
社会と繋がる場所が欲しい、作品を発表する場が欲しい、というのが
最大の目的なので、とにかく
「長く続けていけること」を目標に、自分が
しんどくならないペースで、やってきたいと思ってます

家カフェやりだしてから
たくさんの人からアドバイスもらって
すんごく有難いと思っています。
と、同時に、自分の中での優先順位もはっきり
してきたなぁーと感じてます。
あと1年半、しっかり学びたいと思います!





新年のあいさつがすっかり長くなって
しまいましたが(笑
今年も、大塚家&amato&セイサクショ+ともども
どうぞよろしくお願いします!








2013.01.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2013年01月01日Tue

我が家の年越し。


プーケットで、けたたましい爆竹と花火で
華やかなニューイヤーを迎えたのは、遠い記憶のかなた・・・(っつっても2年前だけど。)
去年に続き、今年もひたすら地味ーに
年越ししました。

大掃除が全くはかどらず、年賀状も宛名入力まで
全部終わった時点でプリンターが壊れ、
31日はひたすら年賀状の宛名書き。(しかも投函したのは元旦。)
クリスマス以降、お菓子三昧でブクブクゴロゴロ、
口を開けば「お菓子ちょーだい」「テレビつけて」「晩ごはん何?」の
子供らにイライライライラ・・・・

天使のイソラを抱いて、何とか冷静を保ちつつ
両実家を渡り歩きました。
今年は、真ん中のアニキが東京から帰ってたので
一緒に年越しソバ食べたのが唯一のイベント。
ってか、まさかアンエコが12時まで起きてるとは
思わんかったな。

IMG_3622 (239x320)

大晦日は、冷蔵庫整理を兼ねて
ピザ食べたんっすよ。ガッツリ。
そして、年越し前に、でっかいエビ天入りそば、ペロリ。
12時10分、コロリと就寝。
・・・女子2人、さすがにそれはヤバいっしょー
このお休みで、大塚家の子供たちのお腹がほんとに
すごいです。
次会ったら、お腹のフーセンに針を刺してやって下さい(笑



そして、元旦。
毎年恒例、親戚んちの法事(元旦に法事って珍しくない?ふつー?)
ここには、通称「森之宮のピカソ」(→うちらが勝手にそう呼んでるだけ。)がいて、
子供らに大人気。
オオツのいとこにあたるにーさんで、高校の美術の先生なの。
新聞紙をくしゃくしゃ丸めて、恐竜作ってくれるんですが、これまた
すごいクオリティーの高さなのだ。

年末に、ティラノザウルスとフタバスズキリュウ作ってもらって、
この日はプテラノドン。

IMG_3625 (320x282)黙々と助手をこなすハグ。


こういう人が近くにいて、ほんとにいい刺激だー
普段、おごり高ぶった発言の多いハグ君ですが、
ピカソの前では、とっても素直です。

IMG_3634 (239x320)

分かりずらいな~(笑
ちゃんとつばさも動く仕様になっております。
我が家のキッズルームに天井から吊るしてあるので
恐竜マニアには必見です。



朝からの法事が終わって、
その後、神社はしご。
平野区にある「地獄寺」へ行って、
その後は近所の「長瀬神社」へ。



長くなりそうなので
地獄寺のお話は
また次の日記で~♡

2013.01.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年12月25日Tue

ありがとう。


IMG_3561 (239x320) (2)




夜中にイソラ君の泣きで起きて、
そっからパーチーの片付けやら溜まってた
洗濯モノしたりして、
久しぶりにゆっくりお風呂につかってたら
お次はエコさんが「ママー」と
起きてきて。

寝相悪いアンハグの布団をかけなおして
エコをトントン寝かしつけ。

何か、エコを抱っこしつつ、


『私もちっちゃい時はこうやって寝かせてもらってんな~』


そんな事を考えると、
色んなおもいがこみあげてきました。


改めて、
いっぱいのありがとうを
父ちゃん&母ちゃんへ。(面と向かっては言えないのでここで(笑))






「親にならないと分からない気持ちがあるよ、」

独身の時に、色んな人に言われた言葉。
まだまだ若輩なので、分からない事だらけですが


「感謝すること」

これだけは、結婚して、親になって、すごく
感じるようになりました。
というか、ものすごい、たくさんの人に
支えてもらってるなぁーーと、日々感じてます。



みなさん、
いっつもありがとう。
これからもよろしくね。





素敵なクリスマスを☆



IMG_3560 (239x320)







2012.12.25 | コメント(3) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年09月07日Fri

出生前診断のこと。


たくさんのダウン症繋がりのお友達のブログ見たりして
みんな当事者は思う事ってほとんど一緒なんだなぁ~って思ったので
わざわざ書く事もないかと思ってたんですが、私の、あんじ繋がり以外の友達は
このニュース自体(もしくは出生前診断自体)知らんのじゃないかなーって思って
やっぱし、出来れば知って欲しい、ほいで、考えるキッカケになればいいなぁと
思ったので、書きます。
多分ダウンママからしたら「当たり前の事を長々と・・・」って思うかもやけど
あしからずご了承くださいマセ。(前置き長い(笑))



***





こないだの日記でも少し触れましたけども、
この秋から、妊婦さんの血液で、お腹の赤ちゃんに染色体異常がないか
調べる事の出来る検査が始まるそうです。

今までも、希望すれば、「羊水検査」という出生前診断の方法はあったけど、
直接お腹に針を刺して羊水を抜くので、母子ともにリスクがありました。
それが、今回の検査方法は、妊婦さんの血液だけで、簡単に出来るそう。
(もちろん、これまでと同様、希望者にのみ、実施されるらしいけど。)


こういうニュースが出ると、必ず出るのは、まず「命の選択に繋がる」って反対意見。
やっぱし、検査して、染色体異常の可能性が高いと分かると、堕胎を選択する人が多い
らしいです、現実に。(もちろん、産む選択をする方もたくさんいます。)

この事に対して、賛成も反対もないんですが(私の周りの、障がいがあるお子さんがいるママさんは、
大多数がこの考え。)
あえて、正直に言うと、もったいないなぁーと思う気持ちもある。


まぁ、検査する人は、どんな検査であってもするだろうし、
何も異常は無くても堕ろす選択する人もいれば、障がいがあっても産む人もいる。
産んでも産まなくても、ものすごい葛藤はあるはず。
それはその人にしか分からない事で、間違いなく言える事は
「周りがとやかく言う事ではない」って事。


私は4人とも検査はしてません。
が、それぞれ、色んな思いはありました。


1人目はまさかお腹の子がダウン症だなんて想像もしなかったので、検査なんて
頭の片隅にもなかった。


2人目は、まだあんじが1歳になったばかりで、多分、あんじの存在を受け入れなくては、って
必死だった時で、「検査する=あんじの存在を否定する事になる」って思って、羊水検査について
何度も意思確認をしてくる主治医に対して「そんなモン、するかーーー!!!」ってぷりぷり怒って拒否(笑


3人目は、2人目の時とは比べもんにならん位、不安で、心揺れました。
『もしこの子に障がいがあったとしたら、自分らが死んだあと、ハグは自分の人生を
 生きれなくなるんじゃないだろうか』そんな風に思ったりして。
でも、考えても考えても、自分には堕ろす勇気はないな、と気づき、結局検査はしませんでした。


4人目は、『もしこの子に何かあったとしても、2対2やし、何とかなるやろーー。』
冗談のようですが、ほんとに、そんな気持ち。


同じ1人の人間の中でもその時その時で、こんなにも
気持ち変化するもんなんです(もちろんもちろん、一貫してブレない心を持ってはる人もいるだろうけど。)
なので、100人の人が妊婦さんがいたら、100通りの考え方があって当然。



それをひとくくりにして、外野がやいやい言う事に、ほんと違和感。



「産む」選択を称賛する事は、一方で「産まない」選択をした人を追い詰める事に
なってたりします。
もちろん逆もしかり。
(海外では、この手の検査は一般的で、障がい児を連れてたりすると
「何で産んだの?」的な目で見られる事も多いようです。信じられん。)


その人の人生はその人のもの。
だから、その人が選んだ選択肢が、誰が何と言おうと
正しいんだと思う。









でも。






でもでも。





その考えの上で、あえて、言いますが、
やっぱし「もったいないなぁ」って気持ちもある(笑






アンジの事、天使だなんて産まれてこのかた一度も思った事ないけど、
「いつもニコニコ、温和な性格」っていうダウン症の代名詞からは
かけ離れてるけど、
それでも、やっぱしアンジがいなかったら、今の自分は
なかったと思う。
こんなに色々やりたい事が湧いてくる事も、いっぱい勉強する機会も、
「生きる意味」を考える事もなかったと思う。



何より、自分が、いま「しあわせ」である事を
実感できることなんて、なかったと思うんです。



それは、彼女が産まれてきて、6年たった今だから思う事も
たくさんあって、もちろん、気持ちが揺れる事もいっぱい
ありました。
多分、これからも、いろいろあると思う。


それでも、やっぱし、あんじさんは、giftだったと思うのです。



だからだから、血液検査が一般的になったとして、
「異常が出たから産まない」って安易に選んでしまうような
流れになるのだけは、是非ともやめてもらいたいっす。


これは、担当医師の対応によっても、大きく変わると思う。
「異常ありました、まさか産まないよね?」ってニュアンスの聞き方する医者、
少なくないみたいです。
何百人って患者さんみてたら、麻痺してくるんだろうけど、
こっちにとったらアンタのそんな意見に心揺さぶられるんです、って言ってやりたい。
もしこのブログ見てるお医者さんいたら(まぁいないだろうけど)産科の医師に
言ってやってください。








IMG_2407 (320x266)



昨日は、あんじさんのダンスの日でした。
あんじの通う「ラブジャンクス」は、ダウン症の人たちの為の、ダンススクールです。
ほんとにいつもミラクルな面白さがあって、週1回の私の楽しみ


この天性のキャラを持った先輩たちの後に続く人が
少なくなってくのは、やっぱし寂しいなぁ・・・と、個人的に思う。

2012.09.07 | コメント(4) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年07月28日Sat

ダウン症じゃなくても舌出すんやん。


IMG_2008 (239x320)

5か月baby、イソラ君。
気づけば常に舌を出しています。

ほっぺたに肉が付き過ぎてるからか、
何でか分からんけど、気づけば出とります。


アンジがまだちっちゃかった頃、
とにかく舌が出てるのが悩みで悩みで
仕方なかったのです。


もし、イソラが長男で、あんじが4番目やったら
『まぁイソラも出てたしなぁ~』位も思えたのかも知れないけど、
初めての子供で、

「ダウン症の子は筋肉が柔らかく、舌の出ている子が多い」


て、わざわざ本に書いてたり、病院で言われたりしたもんやから
もう『一生このまま舌出た大人になるのでは!!??』と
真剣に悩んだもんです。



「そんな事で悩むか~?


って思うかもしれないけど、
それでも、その時は将来像が全く見えなかったので
目の前で起こってる事、全てに不安を感じてたんだなぁ。

その後、しばらくして舌がへっこむようになったら
ヨダレをあちこちつけるのが臭すぎて悩んだ

(↑ダウン症ベビーを持つママさん、安心して、今は収まってるから(笑))



「自分」と「あんじ」 を分けて考えれるようになったのは
ほんとに、つい、最近。
というか、自分ではそれに気づいてなかったけど
心の師匠のコーチングを受けて、昔に比べて、少しづつ子離れ出来てきてるんだぁ。と
気づき。
それを自分で客観的に分かると、さらにラクになりました。



でも、あんじが1人目で、
どうやって育てたらええのか分からず、
悩みまくった事があったから、
今がラクに思える事もあるし、
やっぱしあんじさんは初めての子で良かったです。

2012.07.28 | コメント(4) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年06月26日Tue

地域の支援学級を見学して思った事。

『保育所って 天国だよなぁ』



そう思いました。

こないだ、初めて地域の小学校の支援学級を
見学しにいかせてもらったんですが。


なーんか、暗い

小学校自体、かなり創立古いとこなんで
「障がい者は隠すべし」みたいな昔の名残でか、
支援学級はくらーい廊下の突き当たりにありました。
誰の目にもつかない隔離されたところに教室がある。
それにまず、ビックリした。(→でもみんなに話聞いたら割と普通なんだね)

私の行ってた小学校は、新しいとこだったので(多分私で10期生くらい)
支援学級は、1階の下駄箱から2階へ上がる階段の間にありました。
保健室の隣でもあったので、結構普通に交流クラスの子が出入りしてました。
(私もよく、意味もなく遊びに行ってた(笑))

授業を1時間見学させてもらっただけなので、良い・悪いなんかは
分からんけど、とにかく支援学級の雰囲気が、保育所の雰囲気と余りにも
違い過ぎて、面食らったというか。

でも、これって「保育所」と「小学校」の違いでもあるんですよね、
支援学級がどうこう、じゃなくて、小学校という場所自体、保育所と
比べちゃダメなんですよね。

そんな事をもっかい念頭に置いて、また夏休み明けにあるオープンスクールに
ジックリ見学行きたいと思います。



***


さてさて、保育所では、明後日お泊り保育です。
お揃いのTシャツも作ってました。
タマネギ染め。超カワイイー。

IMG_1694 (239x320)

お弁当箱包むハンカチも、タマネギの絞り染めなんですが、
これまたオサレです。私も欲しい。


で、今年のお泊り保育には『忍者』が遊びに来てくれるみたいで
皆んな、とっても楽しみにしています。

「忍者にお泊り保育遊びに来て、ってお願いしにいこう!」っていうことで
先月、大阪城公園へ行ったんですが(春の遠足。)残念ながら忍者は修行に出ていて会えず、
「ちゃんと修行するんだよ」って巻物があったそう。
手土産に作った手裏剣は、置き土産として、城に置いてきました。

そして、毎日、一生懸命修行(リズム体操)に励むライオン組のみんなに届いた
忍者からの2通目の巻物。


IMG_1696 (320x239)


この巻物が届いた時、クラスのみんなのテンションは
すごかったそうな

こんだけ時間かけて、子供の心をワクワクさせてくれるのって
保育所くらいだろうなぁ。
ホントに、有難いです。


あんじさんは、お泊り保育に関して分かってるのか分かってないのか
ビミョーですが、まぁ1人でどこでも寝れる人なので
楽しんでくる事でしょう

2012.06.26 | コメント(8) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年05月17日Thu

トカゲとヤモリの違いはなんですか?

IMG_1634 (320x239)

今日、家を出ようと思ったら。
玄関扉にまさかのシルエット。
結構デカめ、全長15cm。

『うぎゃーーー!!』と焦って中から棒でつっつくも
うんともすんとも動かないので、
ガレージのシャッター開けて出ました。

こやつら、不意に動くからビビるのよ。
ベランダ掃除してて、鉢を持ち上げたりしたら
不意に現れ走り去る・・・
トカゲ自体は嫌いじゃないんだけど(ヤモリは家守ってくれるんっすよね)
「不意打ち」にビビる。

結婚前、旅行中にどっかの道端で売ってたトカゲのオモチャ(これがまたリアルなんだ)を
リュックのポケットに入れてて、インド行くのに久々にそのリュック出した時
本気でビビリました。
ハグなんて、泣いてました(笑



「トカゲ」を見てパッと頭に浮かぶのは
スペインのグエル公園。
ここに行って、私の『トカゲ感』が変わったと言っても過言ではない。
家の鍵にもトカゲのキーホルダ。
キッチンの1輪挿しにもトカゲ君。
至る所に彼の姿があります。

久々に見たくなってネットで「グエル公園」って検索したら
こんなHPを見つけ、http://www.joyphoto.com/japanese/abroad/2007barcelona/parkguell01.html
サグラダファミリアからバルセロナまで読破してしまった(笑
スペインいいな~ 行きたいな~

でもどうせ長いフライト頑張って行くなら、イタリアとポルトガルも行きたい。
ポルトガルまで行くなら、もうちょい頑張ってモロッコも。
アフリカ大陸入ってもうたら、また欲が出て・・・って
なかなか日本に帰って来れそうにないな~




トカゲ君。
1日、楽しませてくれてありがとう(笑




2012.05.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年04月21日Sat

世の中にある「べんりなもの」は

全ての人にとって便利な訳じゃない。
最近、実感します。

パソコンしかり、電化製品なんかは
日ごと進化してて、使いこなせる人にはいいけど
アナログ人間の私にとっては、機能が多い分
説明書も分厚くて、読む気にもなれず。
どこへ行っても何でも自動で
蛇口の水を出すのも一苦労、な時もある


それが、イレギュラーな事が苦手な障がいを持つ人には
もっと深刻な問題なのではないかな、と思うのです。


うちのあんじさん、外出先でのトイレが苦手。
ある日、自動洗浄のトイレに入った時、まだおしっこしてる最中に
センサーが作動してしまい、勢いよく水がジャーっと流れ、
それがよっぽど怖かったのかトラウマっぽくなってもて
それ以来、自宅以外でのトイレを怖がるように。


普通の子なら数回説明すれば分かるかも知れないけど、
あんじにとって、1度インプットされた事を解くにはかなり
時間がかかります。

それから外でトイレ入る時は、まずウォシュレットのコンセントを抜き、
先に私が座って何も音が鳴らない事を説明してから座らせ、
私にしがみついてする、って言う風にしてました。
半年ほどそれが続き、最近ようやく1人で座れるようになってきました。


ところが。
先日ショッピングモールのトイレに行った時。
今度は「音姫(音消しの流水音が流れるやつ)」のセンサーに
感知されてしまい、壁から突然「ジャーーー」と大音量の流水音が。
またもやパニック。


さすがにこの時は『音姫にまで自動センサーいる!!??』と
心の中でキレました。

そもそも私は、音消しボタンすらいらんやろーって思ってるので
(おしっこする為にトイレ入ってるねんから、音消しもクソもあるかい!と思ふ)
それに自動センサーをつける意味が分からん。
ってか世の中、何でもかんでも自動にすりゃええってもんじゃーないでしょう?と
思ったのであーる。


もちろん、車イスの人にとったら自動ドアはバリアフリーだと思う。
でもある人にとったら、不必要な自動化はバリアになるのかも知れないなぁ。と。


大多数の人が「便利」だと感じるものでも
それを「不便」に感じる人がいる事。
そんな事を、あんじを通して考えさせられたのでありました。

2012.04.21 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年03月27日Tue

ブログ復活!

ブログがようやく復旧!

というか、ネットショップの登録の為に
自らメールアドレスを変更しておきながら
そんな事をすっかり忘れて以前のアドレスを入れて
ひたすらログインエラーになってただけでした(笑
(sacicoさん、ほんとお世話かけてすんません)


そんな訳で
こんなお産だったのーって話とか
4人目がいかに溺愛してしまう存在であるか、とか
エコが赤ちゃんを可愛がってるふりして
目を付いてニヤ、ってするのに困ってる話とか、
色々書きたい事は貯まってるんですが


時間がなーーーい


またちょこちょこ書いてきますので
お付き合い下さいマし。

IMG_1094 (239x320)
↑ブレイクダンスのレッスンで、ハイハイ鬼ごっこに興じるアンジ殿
(手前の赤いパンツ)。
これほんとに体力つきそう!

2012.03.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年01月21日Sat

誕生日なのにーー

昨日は私誕生日でした。
おめでとうメールくれた方々ありがとう。
とっても嬉しかったです。


どうもイライラが募る今日この頃。
気持ちの立て直しがうまく行かなくて
昨日は誕生日だというのに朝からイライラガミガミ。

「気持ち穏やかに過ごしたい」

と今年の目標をたてて、まだ20日。
なのにとっくに誓いは破られ、殺人鬼のような形相で
子供らと向き合ってる日々。

いつもなら美味しいモン食べて、寝たら次の日には
また普通に過ごせるのに、
もう昨日はどうにもこうにも気持ちが立ち直らない。
チョコレートバカ食いしても、子供らが保育所に行っても
1人落ち込む。。。

むむむ・・・
こりゃイカン。
気分転換せねば。
せっかくの誕生日だ。


と、思いたって美容室へ。


「パンチパーマにして下さい」

ってオーダーはさすがに却下。

そういや、20歳の頃、同じようにどうしても
バッサリ気分転換したくて
「坊主にして下さい」って言って断られたな~
成長してないな~ ワタシ(笑)


ほいで、パンチは却下されたけど
サザエさんにはしてくれました。
久々のパーマでちょっとは気分転換なったよ。
っていうか、散々美容師さんと
『子供嫌い論』について思いのたけを語り合ったので
スッキリしたんかな(笑



帰りに「ルピノー」で自分でチョコケーキ(もちろんホール)
買って帰ったよ。
「プレートどうしましょう?」って聞かれて、自ら

「かあちゃん おたんじょうび おめでとう でお願いします」

って言ったよ。


そんなこんなで32歳の誕生日は地味に過ぎていきました。
あまりにも不穏な空気の1日だったのでオオツが気を遣って
子供らに「母ちゃんの似顔絵」を書く事を強要してくれ、
プレゼントしてもらいました。


IMG_0794 (239x320) あんじ。

IMG_0795 (239x320) はぐ。

(エコは無視してお絵かきに没頭。)

ちょっとだけ元気になりました。
何だかんだでありがとう。


こんな母に忍耐力をプレゼントしてくれ、かみさま。

2012.01.21 | コメント(7) | トラックバック(0) | つぶやき

2012年01月03日Tue

あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶が遅くなりましたが、
あけまして おめでとうございます。
年末年始、相変わらずバタバタとしてて
今日久しぶりにゆっくりパソコンの前に座りました。



今回は、年末、珍しく結構マジメに大掃除しましたよ~。
2か月ほど前からEM菌てのを育て始めまして。
(米のとぎ汁を発酵させて、2週間ほどでできあがる。)

掃除用の洗剤を使うのやめて、それでトイレもお風呂も
床も何でも洗うようにしてみたのです。
『まぁ、気休め程度しか落ちひんねんやろうな~』と思ってたら
それが意外と汚れ落ちるもんやから楽しくなってしまって(笑

子供らも参加してくれて
師走っぽく、家中、雑巾がけなんてしてみました。

IMG_0646 (239x320)


そして30&31日は百種屋(ももくさや)さんにお泊り&お餅つき。

IMG_0666 (239x320)


31日・元旦・2日と実家&親戚の家めぐりで、食べに食べて
何か疲れてしまった・・・

今日は久しぶりに家でゆっくりだったので、
昼から玄米おにぎり・豆腐の味噌汁・ひじきと小松菜のごま炒め・梅干しという
超質素な和定食。
これが胃に染みて、旨かった~
まぁ、夜はタコ焼きしてまたもたれたけど(笑



今年は、玄関に初めて角松飾りました。

IMG_0696 (239x320)

お餅つきしてる時に、みんなで角松作ろうか、って話になり、
竹藪に竹を切りに行って

IMG_0691 (239x320)


松と南天も切ってもらって帰ってきて手作り角松。
正確な飾り方は分からんけども、我が家にはこれで十分。
玄関がとってもお正月な雰囲気になりました~
ありがとう☆


今年の私の目標は

「自分の気持ちをコントロールできるようになる」

これに尽きます。
感情的にならない=忍耐力をつける。

超激情型でヒステリックな私には
とってもとーーってもハードルの高い目標ですが
頑張りたいと思います。




ちなみにオオツ君の今年の目標は



「言い訳をしない」


だそうです。(中学生か!って突っ込まないであげてね)




こんな大塚家ですが、このブログともども、今年も
どうぞよろしくです



2012.01.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年12月25日Sun

忙し過ぎた1週間。

前回の日記に書いたサボテンクリスマス会が木曜に終わって、
次の日に和歌山へ。
ローフードの会。
楽しすぎた。詳しくはまた別日記で。

ほいで土曜から月曜まで2泊3日の
沖縄弾丸ツアー。(これまたゆっくり日記描こう。)

帰ってきて、エコのクラスのお友達が
中国へ帰っちゃうってのでお別れ会&クリスマス会があって
続いてbochi-bochiのクリスマス会が昨日。
何だか、ひたすらお菓子を焼いてた気がする、この1週間。


そしてようやく一段落。
ふ~。


何て思ってたら、今日はもうイブじゃないですか!
サンタさんにプレゼント入れてもらう靴下をまだ
作ってなかった

慌てて、寝る前にみんなで
製作。
でっかい赤い袋がたまたまあったので、長靴の形に縫って、
子供らは淵にふわふわのん付けて、
サンタさんの似顔絵やら自分の顔やらお絵かきして
完成♪




『3人分のプレゼント入れてもらわなアカンし』


と思って大き目に作ったら


IMG_0615 (239x320)

大きい過ぎた(笑


ツリーにひっかけたらツリーが倒れてきそうなので
直置きに変更。

でも、これだけおっきい長靴でアピールしたら
サンタさんも来てくれるはず
明日の子供らのリアクションが楽しみ☆



明日はバーチャンたち呼んで
クリスマスパーチー
料理の下準備も終わったし、ブッシュドノエルの土台も出来たし、
今日はお風呂入ってゆっくり寝るぞーー

2011.12.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年12月13日Tue

師走と白菜。

もう12月も半ば。
特に忙しいわけでもないんだけど
でも何となく忙しい「気分」の12月。

やらなきゃいけない事は山積みなのに
何に関しても腰が重くなりがちなのも、12月。

年賀状は まだ買っておりません。
みんなもう書いたのかしら?

今朝、保育所送ってった帰り道、朝から老夫婦が家の前で障子の張り替えをしてはって、
「いい風景だなぁ」とか思ったりして。
今年こそは大掃除にも段階的に取り組みたいとおもいます。
まずはリスト作らなきゃな。よし。



***


畑は寒くなって、トンと行く回数が減りましたが
放任主義でも、彼らは彼らなりに頑張ってくれてます。
腹ペコ青虫に食べられまくってた白菜。

いつもの口うるさいアドバイスをくれるおっちゃんは
外の葉っぱが穴あきだらけなのを見て

「こんなん、食べれるかい!中切ったら虫はウジョウジョ出てきよるわ!!
 捨てた方がマシやな」と言いやがったけど(→ってかもうアドバイスじゃなくなってない?(笑))

IMG_0459 (239x320)


切ってみたら、中はこんなにきれいでした~
あんだけこの白菜を罵倒したオッサンにガツンと言いたいのは山々やけど、
ここはグッとこらえて「中まで美味しくいただきましたよ~」と
嫌みたっぷりに微笑んでやろう

今回、畑実際やってみて、
「無農薬」で作る事の難しさが身に染みて分かりました。

自分が「買う」だけの立場やった時は
もちろん「無農薬」や「オーガニック」のものが良いのは
分かってるけど、高いしなぁ~って思ってました。

でも、それだけの手間とコストがかかってるのは
まぎれもない事実。
値段が倍になったとしても、決して高くないと思います。
特に、こういう白菜やキャベツの葉が巻くやつは
もんのすごい虫がつくわけですよ。
(サラダ菜とかほうれん草、水菜なんかは比較的放置でもキレイ。
 サンチュなんか、苦いから虫も寄り付きませんでした)

朝・夕、毎日虫を駆除しにきてるおっちゃんの畑でできた白菜でさえ
外はめっちゃきれくても、中には虫がおる。
ウンチもいっぱい。

多分、宅配の有機野菜や無農薬野菜は、
収穫してからも、それを綺麗にして虫も取って
出荷してはるんやろうなぁ~と。
これって、ほんとにすごい手間だと思います。
その分、値段が上がるのは頷けます。

で、それと同時に、
スーパーに並んでる野菜がどんだけの農薬使われてるんかな~って
怖くなりました。
今まであんまし気にした事なかったけど、こんだけ表面までキレイに
整えるのって、やっぱし相当量の薬が必要じゃないかと。
(今更、って思う人も多いと思うけど)


果物なんて、農薬なしではもっともっと難しいんだろうな~
だってあんだけ甘いもの、虫も好きなハズやもんね。
でも、やっぱしスーパーで売ってるリンゴはつるりとキレイ。
うーん。。。て感じです。


かと言って「食べ物全て無農薬にこだわれるか」ってなると
そこまで裕福な家庭じゃ~ありませぬ(笑
どこまでを良しとして、どこにこだわるのか。
難しいですねぇ。


でも、少なくとも『食』に対して
前より真剣に向き合うようになったのは
畑仕事の収穫だなぁと思います。


最近、栄養学にも興味が出てきて
色々と勉強中。


ウロ覚えな知識をもっとしっかり頭に入れて、
ちょこっとづつでも
「みんなにエエ事」を発信してけたらいいな~と
思います



















2011.12.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年11月21日Mon

やっぱし人は面白い。

IMG_0369 (239x320)

9月・10月とやってた近大の教科書販売の短期バイトで
一緒だった人のお家で、ランチいただいてきました。
ガッツリ美味しそうな肉団子と後ろに写るはから揚げ、に見えますが
実はこれソイミート(大豆を乾燥させたもの)。

「オリビオスタイル」ってのをやってはって、
動物性のもの&五葷(たまねぎ・にら・にんにく・らっきょう・あさつき)は
取らない、っていう生活。

マクロビやらベジタリアンやらビーガンやら
色々あるけど、オリビオってのは初めて聞いたし
バイトしてる時は、上っ面だけをサラーっと聞いてたので
いまいちしっくり来なかったし、正直「?」と思う事が
多かった。


でも、こうしてじっくり話聞いてみると
おもしろーい。
それを私も実践できるかどうか、ってのは別にして
考え方としてはとっても共感。


『自然な生き方』って言葉に集約されるのかな。


もうこの人は20年程このスタイルなので
「動物は生き物であって、食べ物じゃないでしょ?」って
当たり前のように言う。

多分、誰もがそれは分かってるけど

『いやいや、そんな事言うても今までたべてきたし』
『そういう文化やし』

と、自分に言い聞かせてきた気はしないでもない。
ってか、子供が生まれるまでそもそも『食べる事』に
疑問を持った事なかったなぁ。


子供が出来て、色んな人と出逢って
たくさんの事を考える機会を与えてもらって
自分のやりたい事の方向性も定まってきた。
自分で「決めてきた」訳じゃなくて、毎日過ごす中で
色んな人と話す中で「自然と定められてきた」感じ。


多分、昔の自分だと、
「あ、ちょっとこの人怪しいかも」とか「うさんくさ~」って
すぐ引いてしまってた。
多分このねーさんの家にも行ってないと思う(笑


でも、今は科学で解明出来ない事が世の中にはたくさんあって、
自分の目で見てる世界なんかほんとはごくごく一部なんじゃないかな~って
思う事がある。
出産を経て、月の力の偉大さとか身をもって実感したし(科学的には
絶対証明出来んけど、実際満月の日に出産が急増するのは事実。)
自分の知らない事を知るのって、ほんとに面白い。


そんな訳で
明日は京都まで「酵素ジュース」作りに行ってきます。
酵素パワーの事、ローフードの事、
いっぱい話聞いてまたまたワクワクしたいと思います!










2011.11.21 | コメント(4) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年10月08日Sat

カッチカチやねん。

明日のロハフェスに持参すべく
またまたマフィンを焼いてました


前回、うまいこと出来たし、今回も同じレシピで。
しかし、同じ分量にしたハズなのに何故か
生地がぐちょぐちょ。
とりあえず粉を足していって進めたけども、
1次発酵でも2次発酵でも生地が膨らむ気配はなく、
それでも最後の焼き上げでミラクルに膨らむかも!(んな訳ないわな)
なんて淡い夢を抱きつつ、オーブンへ。



それでもそれでも、何となーく、焼き上がりはそれっぽい
ミラクル起きたか!!??と思って試食するも、


硬い。
固い。
しかも時間がたてば噛めない位。



諦めの悪い私は、それでも試食を続け、自分1人だけ
夜中3時に満腹になってもた



明日は現地で食糧調達かいね。
あーー悔しい。
こんな事なら、捏ねてる時点でやめりゃ~良かったよ。
そうすれば3時間は早く寝れたのにぃ。


しかも何より悔しいのは、何がアカンかったのか
全く分からん事(笑
パン作り慣れてはる人やったら、「じゃあ次から○○を少なめに」とか
色々手立てがあるんでしょうが。

こういう時に経験値の少なさが足を引っ張るのであ~る。
トホホ。
悔し過ぎるのでキッチンは放置して寝てやる~



鳥が鳴く前に寝床に入るでござる。
にん。



2011.10.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年08月20日Sat

命の連鎖

一昨日、地元の仲良し4人組のなかの1人が
無事赤ちゃんを出産。

子供が保育所行ってたりすると
2人目・3人目の妊婦さんは至る所にいてはるので
決して友達の出産は珍しいモノじゃないけど、
やっぱし1人目となると、ドキドキ感が違いました。(私カンケーないけど)

ましてや4人のなかで群を抜いて天然な彼女。
妊婦期間も様々な天然発言でみんなを心配させてたので
『ちゃんと陣痛耐えれるかなぁ・・・』とか親戚のおばちゃんのような
気持ちでソワソワ。

木曜の朝から「5分間隔の陣痛きたーー」って言ってたのを聞いてたから
『今日中に生まれるかな??』とみんなで話してて、でもその日に何も連絡はなく。
ほんと夜中何回も目が覚め、「生まれました」メールが
届いてるか携帯確認してしまった。
結局朝になってもメールは来ず、『まだ陣痛と戦ってるんかなぁ』とか
心配してると、その日の夜に、

「昨日の夜、無事生まれました」

のメールが。
夜に生まれとったんかい!(笑)
って突っ込みそうになったけど
初産だもんね、生まれてすぐメールなんて出来る余裕ないよね、ゴメンゴメン。
産後スグLDRのベッドでみんなにメールしてた私は、どんだけ嬉しがりやってんな(笑
とか思いつつ、送られてきた写メを何回も眺めてしまったよ。

産まれたての赤ちゃんって、何て神々しいんだろ。


感動に浸ってると、もう一人のママ友妊婦ちゃんから
生まれましたメール。
こちらは3人目なので、ベテランさんやけど
それでもやっぱしドキドキしてた(だから私カンケーないってば(笑))

またまた神々しいベビーちゃんの顔を眺めつつ、
とっても幸せな気持ちで眠りについたのでした。





命の連鎖って、やっぱすごい。







2011.08.20 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年07月15日Fri

携帯水没の巻。

今朝、パンを食べながら「携帯どこいったかな~」と考えてて、
いつも寝室に放りっぱなしにしてるので、まぁ今日もそうだろうと
思ってたら、食べ終わって見に行ってもない。

むむ?


そういや今日は、あんじが珍しくお漏らししたので、さっきシーツやらタオルケット
丸ごと洗濯機に放り込んだなぁ。



むむむ?


布だけしか入ってないはずの洗濯機から変な音がする。






カランコロン、音を立てて携帯が回っております。
もう、さすがに水没やわな~って諦めて取り出すと、何と
電源入った


この携帯、ちょうど2年前ソーラー充電出来るってのに惹かれてボルネオ行く前に
張り切って買ったけど、初期不良か何か知らんけど、結局メインの
ソーラー充電ができず、しかも新製品やからべらぼうに高い機種代かかってて
ほんとクソみたいな(お下品で失礼)携帯やと思ってたけど、
無駄やと思ってたウォータープルーフがここにきて役立った~


って歓喜したのもつかの間、10分後には電源落ちた。。。

ぬか喜びさせやがって~
朝からムキーーってなってもたわ。


ほんとは2年契約終わりの、11月に機種変更するの楽しみにしてたけど
もうしゃーないから番号変えてアイフォンに変えて来ようかな。





災難だけど、でもちょっとだけウキウキ(笑

2011.07.15 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年06月28日Tue

おら 東京さ 行くだ。


今週末、10年ぶり位に東京に行ってきます。
全くもって東京に興味がないもんで、
ちっちゃい頃ディズニーランドに行ったのと、小学校の時
オカンの仕事について行ったのと、中学の修学旅行。
計3回。
(あ、若かりし頃付き合ってた子に懇願されてディズニーランド行ったなぁ。
 でも人多すぎて3時間でリタイアした(笑)それも入れたら4回。)


せっかく休み取って旅行するなら、のんびりしたいやん。
となると東京って選択肢はまず無いっすよね。


そんな訳でいつも選択肢の片隅にも無かった東京に、
なぜ行くのかと言いますと。(いつも前置きが長いなぁ(笑))


7月2日(土)にあんじの通ってるラブジャンクスの、代表をしてはる牧野アンナさん主催のイベント
「GIFT」ってのがあって。
興味はあったけど、さすがに東京だしな~って行くつもりしてなかったら
偶然にも1番上のアニキが、3日(日)にアメリカに旅立つので見送りに東京に
行ってくる、という母の言葉。

「すっげーー偶然じゃないっすか!」

って事で、新幹線でアンハグ連れてバーチャンと4人で
行く事になった次第です。
ついでに真ん中のアニキも東京で働いてるので
久々の家族ごはん会になりそうで楽しみです(あ、父ちゃんは留守番だった


なのですが、3日の日のプランがなーんにも
立っておりません。
11時にホテル出て、帰りの新幹線は21時。


はて。


どこに行ったらいいのやら。

スカイツリー?(まだできてないっすよね)

はとバスツアー?(アンハグ連れてバス乗るのはしんどーい。)

ショッピング?(暑い中バーチャン連れまわすのはかわいそー。)



・・・はて。



東京に詳しい方。
お知恵拝借させて下さいませ。
是非とも。


ちなみに


なるべく人が多くなくて、
のんびり遊べて子供らも退屈しないとこ。
そして私は美味しいモノが食べたい(怒らないで~)


贅沢は言いません、
この条件に全然当てはまってなくても
気にしませんので


ご意見プリーズ☆

2011.06.28 | コメント(4) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年05月11日Wed

雨の日は針仕事。

誰か、私の事をマメ子さんと呼んでください。

P1050831 (320x240)

布ナプキンの上に敷くパット(?)を作成しました。

布ナプ自体はそんなに数を持ってなくて、いつも洗い替えが足りなくて、困ってました。
新たに買うのも高くつくし(1個1000円位)それなら
『いらない布で替えパットを作ればいいじゃないか!!』とひらめき(ひらめくほどの事でもない(笑))
エコのオムツやら使わなくなった厚手のTシャツで作りました。

これで月1回のブルーディがちょっと楽しくなるわ♪


あと、昨日はいい加減作らなきゃいけないと思ってたミシンカバー縫って、
ベランダの夏野菜を植え付けました。
ちょっと、もう買う時期が遅れてしまったのか、サントリーの本気野菜シリーズが
ほとんど売り切れ。残念。
トマト・きゅうり・なすび・パプリカ・スイカを購入しました~。
ズッキーニも苗売ってたら欲しいなぁ。
これからはベランダ通信もお楽しみに♪



今日は1年間放置してた子供らの写真をアルバムに整理して、自動車税の減免申請行って、
野菜の冷凍ストック作ります。



・・・なぜ、こんなに追い込まれてるかって?
それは来週からバイトが決まったからなのだ~
おめでとう~パチパチ。
5年半ぶりの社会復帰なのでドキドキだけど
めっちゃ楽しみです。



週5で働く予定なので、
ランチや映画のお誘いは今週中によろしく


2011.05.11 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

2011年04月16日Sat

定期病院と餃子。

今年度、主治医が変わって初めての定期健診。
どんな先生かドキドキ。
前の主治医はテキトーな先生だったので、主治医が変わるって
聞いても、さほど寂しさとか悲しい感情はなかったのですが。

あ、ちなみにこの先生、入院した時肺炎見逃した人ね
あとは、何か質問しても大概
「ん~ダウンちゃんやし、こんなもんじゃない?」と答える。
でも別に相談先は療育の先生がいたので、この先生に特段
真剣な答えはいつも期待してなかったんだけどね。

そして新しい先生での診察。
次の方もこれまたイイ意味でゆる~い空気の先生。
でも前の先生よりはちゃんと話を聞いてくれるので、良い感じ。

ほんで話を聞くと、心臓を見てもらってる先生も、成長ホルモン見てもらってる先生も
3月で移動になったらしい。
「え?前の主治医から聞いてない!?」とびっくりされたよ。
ほんと、どこまでもテキトーなやつめ(笑
一応お世話になったし挨拶だけでもしたかったんだけど残念。


そして甲状腺の主治医の診察の後、新しい循環器(心臓)の診察。
こちらはお若い先生。たぶん私よりちょい上くらい?

クロブチメガネがいかにも頭良さ気な感じ。
インテリっぽいってやつ?
そしてやたらと医学用語使ってくる~(笑
面白いのが、説明するときに大概の先生は「ダウン症の子の場合は、・・・」みたいな
感じで話しはるねんけど、この先生。教科書に記載してある通りなのか

「21トリソミーの場合、・・・21トリソミーは・・・」って。
正式名称、久々に聞いたわ。
何%の子が心臓に先天的な奇形があって、とかこれまた教科書通りの説明。
別にエエねんけど、生まれてすぐ出逢ったのがこの人じゃなくて
よかった、って思っちゃったよ(笑
生まれてスグって、欲しいのはそんなデータじゃなくて、先生自身の言葉だもんね。
そんな事を考えながら、私は21トリソミーって診断して下さった先生の話し方に
すごく救われたのをふと思い出しました。


「他の子より、少し病気になりやすいかも知れないけど気を付けてあげれば大丈夫。
 IT企業でバリバリ働くのは難しいかも知れないけど、仕事してる人もいっぱいいるから。
 普通に、愛情いっぱい育ててあげれば何も心配いらんからね。」


って。
やっぱし医師の言葉は偉大。
遠い未来の厳しい現実をその瞬間に突きつける必要は無いと思うの。
特に出産した病院の先生には、考えてもらいたいもんです。
その子の未来を明るくするのも、回り道させてしまうのも
アンタの言葉次第なんだぞーーって。



あ、そうそう。
ほんで心臓のエコーを気づけば1年以上してなくて。
聴診器で聞いた限り、かなりしっかりした心雑音が聞こえるらしので
来週エコーとって、血液の逆流が増えてれば手術~になるそう。
やるなら早くやっちまいたい。

ついでに去年の後半半年が身長が止まってるので
成長ホルモンの検査も検討中。
こっちも打つならとっとと打ちたい。


この2つが解決したら
もっとニョキニョキ身長伸びて
血液の逆流もなくなって
動きやすくなるのかな(そんなうまく行かないか(笑))




餃子の話はまた次で~。

2011.04.16 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

kaori

Author:kaori
家カフェopen。
お店の案内や、日々のお料理のこと、お家のこと、
5人の子供たちのこと。

あと、1番上のお姉ちゃんが
ダウン症なので
たまーにはお勉強的な事も。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。