--年--月--日--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2011年09月30日Fri

ようやく落ち着いたので畑日記。

9月から、市営の畑を借りてます。
その様子もなるべくUPしていきたいな~と思いつつ
気づけば9月も最終日
何やかんや忙しかった9月を終えて、来月からは暇になるし、
畑日記もマメに記録していこうと思うので、子供らの成長に加えて
野菜たちの成長も楽しんでいただけたら、と思いまする。


9月7日


IMG_0053 (239x320)


市営畑なので、引き渡しされた時点で前のおっちゃんが
こんな風にもう畝を作ってくれてはる区画でした。
だから「3本の畝を耕すだけやし、1時間もあれば余裕でしょ~」と朝6時に出かけ、
1時間半後・・・

IMG_0054 (239x320)


1畝耕してタイムアップ(笑
なめてかかってました。思ったより重労働。
結局オオツ氏にも手伝ってもらい、2日かかりで終了。

9月12日

ようやく園芸屋さんに行って苗購入。
イチゴ・ブロッコリー・キャベツ・カリフラワー・スティックセニョール植え付け。

IMG_0057 (239x320)

IMG_0060 (239x320)

どうみても畑初心者の大塚家。
しかもおじーちゃんに交じって若いのんがポツリいるもんだから
色んな方がアドバイスくれます。
この日も苗の植え付けやってたら、「こうしたら水が乾きにくい」とか
「茎が細いうちは紐で固定したらなアカン」などなど、ご指導あり。
ありがとうですー。

9月13日

畝の端っこに小ネギが8本うわってた。
そういや昨日おっちゃんが「ワケギ余ったからまた分けたるわな~」って言ってたな。
仕事が早いぜ、おっちゃん。

9月15日


水やりにいくと、見覚えのない赤い薬が蒔いてあってビックリ。
「イチゴはなめくじがよーくるから、蒔いといたったで」と(笑
・・・一応、無農薬目指してるんですが
まぁ良かれと思ってやってくれてはるし、次やってくれてたら丁重にお断りしよう

9月21日

百種屋さんでいただいてきた白菜植え付け。
無農薬で育てられた苗、無農薬で育てれたらいいな(願望。)


9月25日

子供らと一緒に初畑。
鋤を使うのを見て「やりたーい」と言うものの、10秒ほどで2人とも終了。
重たいもんね~
また子供用を用意してやろう。

IMG_0100 (239x320)

お次は種まき。
たまねぎ・ほうれん草・チマサンチュ・水菜・コカブの種を蒔きました。
種まきは子供がすると発芽率がよいらしいので、全部子供らにお願いしたよ。

IMG_0101 (239x320)

ほとんどスジに沿っては蒔けませんでしたが
いっぱい芽が出るといいな~

スポンサーサイト

2011.09.30 | コメント(2) | トラックバック(0) | 畑のこと。

2011年09月29日Thu

無事終わりました。

写真展、今年も無事終わりました~
観に来て下さった方、ご協力頂いた方、
観に行こうと思ったけど都合がつかなくて
行けなくて残念!って思ってくれた方、
みんな本当にありがとう。

意外と(?)好評だった似顔絵コーナー。
壁一面に笑顔が咲きました♪

IMG_0105 (320x239)

右上の3兄弟はハグ作。
知らないうちに、顔描けるようになったんだな~。

IMG_0106 (239x320)

エコは、真ん中のキンパツ少女。
実際は毛が少ないので、願望を込めて(笑




何か、今回は4回目って事もあってか、
今後の協力を申し出てくれる人が多かった気がする。
・・・写真展継続の危機を肌で感じ取ってくれたのかな(笑
嬉しいです。
これからも細々でもいいから、続けていきたいっす。


今回は、「ありがとう記念号」って事でいつも500円で販売してる冊子を
無料にしました。
その代金の代わりとして、自然災害で被災した障がい者を支援する「夢かぜ基金」への
募金箱を設置。

初期の頃は展示してる写真だけを集めた冊子だったけど、回を重ねるごとに
それだけじゃなくて、手元に大事に置いておきたくなるような、読み応えのある
冊子にしたい。
って思いから、内容の充実(作業所さんや支援学校への取材、社会に出て活躍する
先輩紹介などなど)を図ってきました。
自分たちは500円の価値があると思って作ってるので、それを無料で配布するってのは
結構、勇気がいりました。

「「無料」ってだけでフリーペーパーみたいな扱いになっちゃうんじゃないかなぁ~」とか
「今回無料にしてしまうと、次回また値段つけにくいんちゃうかなぁ」とか。


でも、スタッフみんなで相談して、その分を募金に回してもらおう!となり、
その結果、予想を上回る60235円という募金が集まりました。


募金がたくさん集まったのももちろん嬉しいんですが、
「今回は無料です」って言うとすごく申し訳なさそうに
「じゃあ、その分ちゃんと募金してくわね!」って
入れてってくれる人が多かったのがすごく嬉しかったです。


いつもいつも素敵な出会いをくれる写真展。
今回も幸せな気持ちにさせてもらいました。



本当にありがとう。











おまけ。


P1060628 (320x240)

(初めて、オオツ抜きで3人連れて電車に乗りました。かなりドキドキ。でも3人とも賢かったよ。)

2011.09.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | bochi-bochi

2011年09月25日Sun

写真展。本日最終日だよー


金曜日から、梅田駅前第二ビルで

「ぼちぼちいこか、いっしょにね。vol4」

開催しております



初日は、オープンと同時にたくさんの人が来てくださって、
会場に入りきらないほどの大盛況なスタートとなりました。
(準備が全然間に合ってなくてごめんね

IMG_0091 (239x320)

今回は、来場者の方に顔書いてもらって壁に貼っていってます。
思ったよりたくさんのお子さんが(大人の方も!)書いてくれて
壁いっぱいの笑顔が咲いております。

IMG_0096 (239x320)


IMG_0093 (239x320)

今回は、toyboxさんの全面協力で
ダウン症児者のダンススクール「ラブジャンクス」の映像も流しております。


IMG_0097 (239x320)


本日最終日で、16時までになりますが
お時間ある方是非お立ち寄りくださいね~

2011.09.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | bochi-bochi

2011年09月23日Fri

マグロの話と写真展の話。

いま、訳あって(大した訳は無い。)近畿大学で教科書販売のバイトしてます。
毎日学生に交じって出勤。
大学生活を体験した事ないので、学食も楽しみのひとつ。



今日のランチ。
マグロ漬け丼。


IMG_0090 (598x800)

何でマグロかって?
近大は、世界で初めてマグロの完全養殖を成功させるという
偉業を成し遂げたそう。(詳しくは知らない。)
そんな訳でホールの入り口にも、おっきなマグロの模型が飾ってあります。


そして今日は生協の50周年イベントだったらしく、なんとこの漬け丼、お値段50円。
100食限定って事で急いで行ったらギリギリ残ってました。
味の方はいたって普通でしたが(そもそもマグロ好きじゃないので)食べれた事に、満足。
冷奴と合わせて110円ランチ。
奴の方が高かった(笑


そんな訳で、学生さんは面白い。
なかなか大学生観察が楽しいバイトです。





***






そうそう。
話は変わりますが、写真展の告知を、今回は全くしてなかった事に気づいた!

・・・明日から日曜まで3日間、いつもと同じ梅田駅前第二ビルで写真展やりますよ~
今回で4回目。
お時間ある方は、子供たちの笑顔に癒されに来てくださいね~。
私は、明日と日曜の昼から会場にいまーす。


詳しくはこちら→ぼちぼちいこか、一緒にね。


明日は朝から搬入作業だというのに、
前日に色々用事を残してしまう悪い癖は小学校から治りません。
早く寝なきゃ~

2011.09.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | bochi-bochi

2011年09月21日Wed

人生ここにあり。


お久しぶりの日記。

忙しかった訳ではないのですが。
文字にするとどうしてもネガティブ発言ばっかりが出てきてしまいそうで
何となく日記から遠のいてました。


8月の終わり頃、「人生ここにあり!」ってイタリア映画を観ました。
各方面から絶賛されてた映画で、「笑って 泣ける イタリア映画」ってウキウキする気持ちで
映画館へ。
でも、見終わった後、感動の涙というより、久々に将来の事を考え、不安で涙が出てきました。

もちろん、映画自体は素晴らしかったと思う。

『精神病院を全面閉鎖し、精神病患者は地域で暮らす』という法律が制定され、
地域へ放りだされた患者たち。
作業所のようなところで簡単な作業をこなし、わずかな賃金をもらってひっそり生きる
患者たち。
でも、安定した施しのような仕事より、自分たちで仕事を勝ち取ろう!と
数々の困難を乗り越え、精神障害のある人が社会の一員として生きていく。


映画を見終えた方の感想も「生きる力をもらった!」「障がいがあってもなくても
みんな頑張れば楽しく生きていけるんだと思った」といったレビューが多い。


でも、やっぱし私はどちらかというと当事者目線で見てしまったからか、
「影」の部分にどうしても目が行ってしまって。


劇中、「自分たちの力でこんなにやれるんだ!」と自信を持った若い患者が
実家を出て仲間と共同生活を始め、仕事先の女性に恋をし、母親は猛反対。
でも本人は「もう自分の力で生きていけるんだから放っておいて!」と聞かない。
で、ちょっとしたとトラブルから警察沙汰になってしまい、相手の女の子が
「あの人たちは、可哀そうな人たちなんです。だから逮捕しないで下さい。」
そのセリフを聞いた若者は、やっと『普通』になれたと思ってたのに、『対等』に
恋が出来てると思ってたのに、その一言ですべてが崩れたのか、翌日自殺してしまう・・・。


もちろん、実話ベースのお話だけど、ここはフィクションだと思う。
思うんだけど、どうしてもあまりにもリアルで(そこがこの映画のいいところなんだろうけど)
胸をえぐられるような気持ちになりました。


最近、私は自分でも疑問に感じる位、あんじに厳しかった。
もちろん、

「自立した人生を送って欲しいから」

これをずっと考えてる事には変わりない。
でも、それ以上の事を求めてしまってたような気もする。
何でも人の倍、時間がかかる。
それなら人の倍やれば「普通」に近づけるんじゃないか、って。


『普通がそんなにエライのか?ダウン症は個性じゃないか』

っていう言葉もよく耳にする。
でも、私はやっぱし少しでも周りの友達とコミュニケーションとりやすいように
お喋りも上手になって欲しいし、一緒に鬼ごっこが出来るように体力もつけて欲しいし、
ルールのある遊びに参加できるように理解力もつけて欲しい。
その上で、彼ら特有の人懐っこさだったり、音感の良さだったり、そういう部分が
個性になってくるんじゃないかな、と思ってる。


でも、何かその線引きというか、どこまでやればいいのかみたいなのが
分からなくなってきて、とにかくあんじには気づけば厳しくなってる自分がいる。
それを疑問に感じつつ、でも「あんじの為」と思いつつ、
でもどれだけ頑張っても、どこまで行っても『障がい者』という言葉はつきまとう。
とか思うと、せつなくなってくる。


もう、映画を見終わった後、1人では頭がパンクしそうで友達に電話。
ランチに行った。
その気持ちを話すと涙が止まらなくなりそうだったので、普段のような育児話。

その中で、友達がふと

「かおりちんはあるイミ、義務感で子供育ててるよね」

って言ったの。
すんごい衝撃でした。
もちろん、彼女はいつもの冗談で言ったんだけど。

義務感というか責務感。
使命感?
何か最近はそっちのが強くなってきてたのかな、っと。
何様よ、私(笑


楽しんでナンボを人生のモットーにしてるくせに、
あんじが点頭てんかんなって「将来は寝たきりになるかも」って言われた時から
将来の事より、今を楽しむ事を1番に考えてきたはずなのに、
どうも最近は遠い未来の方へ気持ちが向かってたらしい。



そうは言っても簡単には気持ちの整理はつかなくて、
長い事自分の気持ちを書けずにおりました。
でもそうこうしてる間にも日々は過ぎていき、
新たな出逢いや、楽しい出来事もたくさんありました。
何でも3日で忘れる私の頭も、今回は2週間ほどかかったけど、
色々と消化されていきました。

『答えはこれだ!』ってのは相変わらず見つかりません。
気持ちに余裕がなかったりすると、必要以上に叱ってしまう事も多々あり。
でも、やっぱしベースは


「今を楽しむ。」



自分自身もそうありたいし、子供たちもそうあって欲しい。
それをなるべく邪魔しないようなサポートが出来ればいいな。
・・・短気な私には大変難しい課題ですが(笑)、長い人生の修行の旅、
楽しみたいです。

2011.09.21 | コメント(4) | トラックバック(0) | たまには映画でも

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

kaori

Author:kaori
家カフェopen。
お店の案内や、日々のお料理のこと、お家のこと、
5人の子供たちのこと。

あと、1番上のお姉ちゃんが
ダウン症なので
たまーにはお勉強的な事も。

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。