--年--月--日--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2014年08月10日Sun

ねね助産院。

店の事やらハグの事やらで
お腹のベビ君の事をブログに書く機会がほとんどなかったのですが
臨月を迎えて、初めて書いてみます(笑

今回、お産の場に選んだのは、桃谷にある
「ねね助産院」さん。

IMG_0592 (240x320)

ちなみに今までのお産。

あんじ→助産院
ハグ・エコ→東大阪の個人産病院
いそら→9ヶ月まで上本町の豪華クリニック、臨月に入ってから助産院に転院。

あんじを産んだのは、自分が34年前に産まれた家から5分の助産院。
特に何の考えもなく、選びました。
分娩台があり、昔ながらの「ヒッヒッフー」のラマーズ法。
おばちゃんが作ってくれるご飯が美味しかったのが印象的。
(私1人のために、朝から東部市場まで特大エビを買いに行ってくれたのには感動したなぁ。)
残念ながら、アンジ産んで数年後に閉院。

ハグ&エコを産んだのは、東大阪ではかなり有名な産病院。
この頃は、とにかく「臍帯血を取ってくれるところ」に絞って探していたので、
近所ではここだけだったので消去法で選びました。
異常な待ち時間(2,3時間は当たり前)と、患者さんの事を「○○様」と
呼ぶ事に違和感を覚えつつ、それでもハグの時は良いベテラン助産師さんに当たって、
ソフロロジー(とにかく息を吐き続けて赤ちゃんの赤ちゃん自身の力で
自然と出てくるのを待つ出産法)で産みました。
1回もいきむ事なく出てきたのには、ほんとにビックリした~。
出産って、母主体でも、もちろん医師主体でもなくて、赤ちゃんが主体で産まれて
これるんだなーって改めて感じたエエお産でした。
残念ながら臍帯が首に巻いてたので、臍帯血は採れず。

そしてエコの時。
ハグの時と同じくソフロロジーでひたすら息を吐き続けてたので
わりと静かな分娩室。
私自身がすごく冷静だった事もあって、医療器具の「カチャカチャ」って金属音だけが
すごく響いたのが気になって気になって
多分、新人さんっぽい女医さんだったので、準備するのに必死やったのは分かるねんけど。
さらに私がこのとき1番重要視してた臍帯血をすごくぞんざいに扱ってたのが嫌で
「次はここはないなぁ~」と思ってました(ほんで、高い!)

続いてイソラ君。
まだ臍帯血が諦めきれん私は(しつこい(笑))少し遠いし、昔からある
老舗のバブリーな病院なのでイマイチ気が進まんまま通い始めたものの、やっぱし
検診に通う度に「やっぱし助産院がいいなぁ」って
思いがドンドン大きくなってきて、後期に入った時に「臍帯が首に巻いてる可能性があるので
臍帯血は諦めた方がいい」とか訳わからん事言われたのをキッカケに、
9ヶ月で助産院に転院。

この助産院は、とにかく「自然なお産」にこだわってはって、分娩台はおろか、
機械的なものは、何1つなし。
唯一あるのは、天井からぶら下がる「いきみ綱」のみ。
水中出産も出来るということで、すんごく楽しみにしてたんやけど
結局、玄関入ったとこで産まれてしまったので、水中出産は体験できず(笑
でも、子供達も全員立ち会って、へその緒をみんなで切って、胎盤をみせてもらって
生まれた後、赤ちゃんを思う存分胸に抱っこさせてもらって、すごく良いお産でした。


なので、今回もイソラ君産んだとこ・・・と思ったりもしたんですが、
若干ストイックな感じが苦手に感じてたのもあって。
「ナチュラルなお産とは、こうあるべきだ!!」みたいな?
ご飯が完全マクロビ食やったり、食事制限や運動指導が厳しかったのも
ちょっと、ズボラな私にはネックやったりして。(何てわがままなのだ(笑))

そして今回はネットで色々探してみたら、やっぱし助産院って
どんどん無くなっていってるみたいで、近くには数える程しかなくて。
で、選んだねねさん。

何でもっと早く知らなかったんだーー!!><
と、とっても悔やむ位、素敵な助産院です。

3階建ての自宅の1階部分を分娩部屋としてはって、
ふっつーの6畳の畳部屋。
食事制限も運動指導も特になく、検診はだいたいいつも
1時間ほど色んな話をして、手足をマッサージしてくれはるのです。
(おっきな病院なんて2時間待って、診察5分っすよ、5分

「ナチュラルなお産を!!」って気張った感じもなくて、
入院中のご飯も、昔ながらの「玄米ご飯・お味噌汁・たっぷりの野菜に魚」ってのが
基本みたい。
まさに、あんじの助産院とイソラの助産院のエエとこを合わせた感じです。
何より、先生の人柄が素敵。


これから出産を考えてる人は
ほんとにお勧めの助産院です♪
また、お産したら写真もUP出来ると思うので
おったのしみにぃ~☆

私も、もし、もーーしも次があるなら
絶対ねねさんリピート!
(さすがにもうないやろうけど(笑))



ちなみに、8月の満月は11日。
新月は25日。
この辺りかなぁ~と私とオオツ君はふんでおります。
ってか、上4人とも、見事に満月か新月に生まれてるんですよね。
こんな神秘を身をもって体験できるなんて
幸せだなぁーと思います

スポンサーサイト

2014.08.10 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記

2014年08月10日Sun

ハグくん退院、そしてまさかの再入院。


ほんま、よー降りますね。
オンボロ我が家は、雨漏りがすごい事になってますが
もう特に気にならなくなってきました(笑

IMG_2151 (240x320)

でも深刻な被害出てる場所あるみたいやし、
なるべく早く通り過ぎて欲しいです。

***

さてsate、ハグ君のその後。。。
あれから無事、31日に退院したんですが。
どうも食欲もあんましないし、歩き方も変
お腹をかばうように前かがみに歩くんですよね。

でも、「退院したら食べたい♪」と楽しみにしていた、バーちゃんのから揚げや
たらこスパゲティはお代わりして食べるし、食欲がない訳では無さそう。
前かがみになるのも、手術の傷口が痛いんやろう、とそない気にもしてなかったのです。
でも木曜に退院して、その週の日曜日。
また熱が出て来たので、念のため月曜朝から病院へ。
検査したら、腸の中に残ってたバイキンが塊を作る術後の合併症「腹腔内膿瘍」ってのに
なってて、そのまま再入院
エコーの結果、約5cmの膿の塊が見つかりました。
抗生物質でしっかりやっつけていきましょう、という事でまた月曜日から元いた部屋に
そのまま舞い戻る事となりました。

IMG_2130 (240x320)

まぁ、でも前回同様、入院してしまえば、ベッドの上でずっと本読んでられるし
看護師さんたちは超優しいし、いっつも話半分しか聞いてくれない母がしっかり話を聞いてくれる(笑)。
だからこんなエエ顔して迎えてくれるので、私もホッとしてました。


がーーー、しかし。
再入院3日目の水曜日。
昼過ぎにお見舞いに行くと、いつもより元気がない。
話聞くと、朝から熱が出てきて、お腹も下して、何も食べてない。
そしたらほどなくして主治医の先生がやってきて、「抗生物質が思いのほか
効かないようなので、膿を直接取り除いてあげた方がいいかと・・・」と、その日の夕方から
再びオペする事に
前の穴開けたとこに、またドレーンを挿して膿を抜くだけなので、新たに傷が増える事はないし、
1時間ほどで終わります、という説明。

本人は至って冷静で「え~ またぁ~?」とか言いながら
コロンブスの伝記を読みつつ、車椅子でオペ室へ(笑
中へ入る時も「歩いて行くわ」と麻酔科の先生と手を繋いで入って
いかはりました。すごい・・・。

IMG_2131 (240x320)

1時間で終わると聞いてたので、看護師さんから電話あるのを
待合のソファに座って待ってたんですが、1時間たっても2時間たっても連絡がないのですよ。。。
さすがに2時間越えたあたりから色んな事がアタマをよぎり、全身麻酔の同意書に書いてある
様々な最悪の事態や、輸血した場合に起こる感染症なんかの可能性や、
はたまた膿が多すぎて開腹手術に変更になったんでは。。。
とか1人でアレコレ考えてしまってました。
そしたらオペ始まって2時間半後。連絡がありました。ホッ。

オペ室に迎えにいくと、ふっといビーカーに満タン入った膿を持って出てきた先生が
「無事に終わりました。」と報告してくれました。
これでだいぶラクになるだろうな~とハグが出てくるのを待っていると、
しばらくすると痛みに顔を歪めたハグが出てきた。
何か、勝手にすっきりして出てくるもんやと思ってたので、その顔をみたら
私までお腹が痛くなってしまった。。。

まだ麻酔効いてるはずやのに、病室戻ったら「痛い!痛い!!><」と今までで
1番の痛がり方。救急車で運ばれた時より痛そう。
子供の場合、「術後パニック」で、こういう状況になる事は多いんです、と看護師さんが
教えてくれたけど、それでも尋常じゃない痛がり方と汗に、焦りました。
かと言って、何かしてあげれる訳じゃないので、ただただ隣でお腹痛くなってただけなんですが(笑)、
30分ほどしたら突然落ち着いて、そのまま眠りにつきました。

それからは、やっぱししばらく痛みは続いてるみたいで
ご飯もほとんど食べれてない見たいなんですが、差し入れのリクエストは
徐々に出てきて、昨日はお好みたい焼きを嬉しそうに完食。

IMG_2148 (240x320)

明日は前回の入院時からリクエスト受けていた
アンパンを届ける予定です

IMG_2157 (240x320)


もう私の方は8月入ったらすぐにでも産まれてしまうんじゃないかーと
言われてたんですが、ハグが入院してからはしばらく落ち着いています。
ベビ君もお兄ちゃんの緊急事態を分かって収まってくれてるのか分からんけど、
できれば立会い希望(多分、生命の誕生に興味があるだけ(笑))のハグが退院するまで
持ちこたえて欲しいなぁ~


2014.08.10 | コメント(1) | トラックバック(0) | hug

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

kaori

Author:kaori
家カフェopen。
お店の案内や、日々のお料理のこと、お家のこと、
5人の子供たちのこと。

あと、1番上のお姉ちゃんが
ダウン症なので
たまーにはお勉強的な事も。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。