--年--月--日--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2015年08月01日Sat

タイ旅行記2015①~出発編~

今回はパソコン持参なので、
備忘録兼ねて旅行記をマメに書いてみようとおもいます
日記に入る前に、出発編なんぞを細かく書いてみようかと。
子連れ旅の方の参考になれば^^




私はアンハグ+サクちゃん連れ、一緒に行く茜ちゃんは
3年生、3歳、1歳の男子3人連れ。
合せてキッズ6人。大人2人。

IMG_5444 (240x320)

子連れ旅で一番気を揉む問題は、多分、飛行機。
「静かにしてくれるかな」「機内で泣かれたらどうしよう・・・」とか。
行ってしまえば世界中何処行っても、日本国内で子連れ移動するよりはるかにラク(だと思う。)
だって、日本ほど子連れに厳しい目線を向ける国はないと思う。
切なくなるくらい、日本は子連れに厳しい。
私は、子連れではアジアしか行った事ないけど、「アジアの国の人たちは、子連れにほんと優しいー!」って
話すと、ヨーロッパに行った人も、アメリカに行った子も、口を揃えて子連れには優しかったよーって。
・・・何か、悲しくなるっすね。

まぁそんな話は置いといて、うちは、出来るだけ深夜便利用派。
搭乗者は寝るつもりで乗ってるので、夜中に泣かれると最悪なのですが
うちの子たちは、1回寝ちゃうと起きないタイプなので、深夜便がラク。
深夜0:55発なので、それまで空港で起きてられるかって心配はあるけど、
コーフンしてるので、多分、大丈夫

そいで、ベビーカーは飛行機の搭乗口まで乗っていって、
現地に着いたら飛行機の降り口にセットしてくれていて、すぐ乗れるので
ベビーの移動もそんなに大変ではないです。

そして、バシネット(ベビーベット)は絶対リクエストすべし!だと思います^^
航空会社にもよるけど、だいたい1歳までならリクエスト出来ます。
うちのベビーはおデブちゃんなので、超ジャストサイズで寝返りも出来ないくらいでしたが、
でも寝てしまえば、やっぱし膝で抱っこしてるより、断然ラクチン!
長距離のフライトになれば、なおさら必須だと思います。
ほいで、嫌がって寝てくれないとしても、バシネット利用だと、1番前の席になるので
前席がない分、おもちゃ置いたり足元広く使えるし、泣いたら立ってすぐにあやせるし、ええです。

サクちゃんはちょうど1歳手前だったので、前にあるもん、何でもガチャガチャ触りたいお年頃。
朝ごはんの時、バシネットに座らせて、ご飯に手が届かんように出来てすごく助かりました(使い方間違ってるけど^^;)
そんなこんなで、バンコク到着

今回は早朝5時到着だったので、早く行ってもどっちみちチェックインは出来ないなーということで
電車でのんびり移動。
空港直結の電車があるので、とっても便利に街まで出れます^^

ワイワイ子連れで駅を探していると、すぐさま係の人が来てくれて
「どこまで行くんだ?」と案内してくれます。
と、同時にトランシーバーで何やら連絡。
切符を買って、改札を通ると、中の係りの人に引継ぎしてくれいて、中の係員さんがエレベーターまで案内。
エレベーターで下に下りると、エレベーター開いた所でまた別の係りの人が待機。
そして電車が来るまで一緒についててくれ、乗せてくれました。

駅員さんの数が多いんですよね。ものすごく。
駅に限らず、スーパーでもどこでも、人が溢れてます〈笑
日本だったら最低限の人員しか置かないのが基本だから
余裕がないのも分かるのだけど。

そして、電車に乗ってからが、日本と決定的に違うところ。
乗り込む時や、電車が揺れたりして危ない時、必ずその辺にいる人が
手を貸してくれます。
おっちゃんオバちゃんだけでなく、若者も、ものすごく助けてくれる。
お年寄りに席を譲られるのなんて、しょっちゅうです(これはこれで気まずいねんけどw)
そんな人柄・お国柄?がタイが大好きな理由の1つ^^

IMG_5450 (240x320)

日本でも、席を譲ってくれなんて言わないから
せめてバギー押して電車やバスに乗り込んでくる親子がいたら、暖かく見守って欲しいっす。
乗り降りに危なそうだなーって思ったら少し手助けしてくれるだけでも死ぬほど有難いっすよ、多分。
(私は滅多にバギーで電車乗らないので大きな口は叩けませんが)

そしてたくさんの人に助けてもらって、ホテルまで無事到着!

IMG_5456 (240x320)

さて、タイ生活楽しみたいと思います☆



スポンサーサイト

2015.08.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記~タイ編

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

kaori

Author:kaori
家カフェopen。
お店の案内や、日々のお料理のこと、お家のこと、
5人の子供たちのこと。

あと、1番上のお姉ちゃんが
ダウン症なので
たまーにはお勉強的な事も。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。